About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


現在、サーキットに遊びに行くときはワンウェイ車(1号機)、ボールデフ車(2号機)のTC3を2台持っていってます。各デフの作用で違った車の挙動が楽しめるのが1番の理由ですが、もう1つはボールデフ車(2号機)のセットが決まりつつあるので此方にばかり時間が取られてワンウェイ車の操縦がおろそかになりがちなためです。

それぞれのデフ特性ですが詳しいサイトが沢山あるので割愛しますがワンウェイデフはボールデフに比べると操縦が難しく転がすようにしないと車が安定しません。しかし、この不安定要素がボールデフにないキビキビとした動きを出してくれるのと、セットにもよりますがスロットルを入れた時にパワーロスがなくダイレクトなのでボールデフと比べより駆動が掛かるので巻き込むような現象になり車半分は確実にインを通せるので使いこなせれば凄い武器になります。

それとブレーキを掛けた時の挙動がドリフト向きで少しだけ飛距離を伸ばせます。ボールデフの長所は何といっても安定性で車がどっしりとします。また締め込みによって簡単に特性を変えられるので現在のラジドリの主流ですね。キビキビした動きをとるか安定性をとるかで迷うところですが、デフの使い分けをしてどちらも操縦できるように2台体制で頑張ってます。

セッティングはワンウェイ車はダルな方向でボールデフ車では舵がきくように反対な事をやってます。特にワンウェイ車は発展途上でいろいろと試し良い感じになってるものの、まだまだ詰めは甘いです。ボディを空力のよいもので試したいところですが、なによりボディによってセッティングが良く感じてしまことが多々あり、それ以上の進歩がなくなってしまうのがいやなので...空力の良いボディはセットが決まってからにします。

やはり、ラジドリの醍醐味はサーキットから帰ってきたあとに、車の挙動を思い描きながら次へ向けてのセット出しが楽しいです。そうそう、セットが決まった時はいつになく車の挙動が物凄くスローモーションでなおかつ全ての動きが自分の指の動きとリンクしていて車はハッキリと見えてるけど背景だけが凄い勢いで流れていて、まるで映画マトリックスのような感じの時がありますね。大きな事を言うようですがこの瞬間を求めてラジコンを続けてるって言っても過言ではありません。Sunnyの場合はなんの趣味でもそうですがこの一体感こそが病みつきになる要因になってると思います。

まあ、そんな事をやってるうちに今年も残り少ないですが、来年はケツカキ仕様な新車を作って遊んでいこうと思ってます。