About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



HPI製ソアラの試乗と巷で流行中のケツカキ仕様を試しに近所のサーキットに行って来ました。まず、HPI製ソアラを載せたシャーシ2号機(ボールデフ)のインプレです。前回作った同じくHPI製 AE86セットのままでの走行となりましたがこれが実に良く走ります。結局、電飾を付けてしまったのと200mmボディなのでトレッドが広くなったせいかAE86のような機敏な動きはなくなったものの、それでも思っていたよりも軽快に振り回せたのでストレスなく走行できました。GPやってた頃の思いつきでやってみたSPセットも良い感じに動作してるようで車の挙動がさらに綺麗に見えるようになりました。

しかし、ボールデフ装着車はメンテナンスを除けば本当に楽にドリフトできますね。なんか楽過ぎて人間がゆるくなるので次は1号機ブラシレス車(ワンウェイ)での走行です。この車は弱ケツカキ仕様になってますがTC3はシャフト車なので他社製のベベル&リングを使い、やれるとこまで前後駆動比を変えてあります。巷で流行中のベルト車のような10Tオーバーみたいに極端なケツカキ仕様にはならないため、フルカウンターは望めませんし、加工も精度がいるのであまりお勧めではないですがセッティングの味付けとしてやってみました。

感想は思ったとおり大差はなく、ほんの少しカウンターをあててる時間が長くなったかな~と言った具合です。ビデオで見るような強烈なカウンターをあてながらの走行には程遠いですがセットを詰めればもう少しなんとかなるかな...でも、常連さんと追走するにはワンウェイ+ケツカキのデメリットのほうが多いのでシャフト車でのケツカキはこれで終了します。どうせやるならベルト車を購入し真剣に取り組めば仲間も増えるだろうし、やはり同じ仕様での追走は楽しそうなので...ケツカキ仕様の候補はいろいろあって悩みどころですが、この悩みもひとつラジコンの良いところなので、もうちょっと悩んでみようかなと思います(笑