About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


現在作製中のHPI製AE86ですがPhotoshop CS2とIllustratorCS2を使用してグラフィックを試作してみました。

ボディ色はホワイト、ボンネットは前回の鷹目インプ仕様にするつもりなのでグラフィックはどうしようか迷いましたがあまり見掛けないデジタルカモフラージュでいこうと思います。写真はモザイクが掛かってますが作成次第アップの予定です。

























さて、横田基地日米友好祭から帰ってきたのもつかの間、地元で開催(8月23日~24日)されている湘南ねぶた祭りに参加してきました。今年で12回目を迎えますがねぶたの本場である青森市篠田町が協力、指導のもとで実現しており、太鼓や笛が奏でる「ねぶたばやし」や踊り跳ねる「ハネト」が「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声でまつりを盛り上げてくれます。

まつりと言ったら夜店で大人も子供も関係なく楽しめテンションがあがりますね。あいにくの天気で出店数は少なめにも関わらず来場客で活気にあふれてました。少々気になったのは去年大流行していたLEDをふんだんに使用してるピカピカ系の子供用玩具を置いてる店があまり無かったことですね。このての商品は中国製だと思いますが北京オリンピックとなにか関係があるのかな...コアですがLED好きのSunnyにとって気になるところです(笑

さぁ、今日もまつりは続きますよ!
最終日なので思う存分楽しむためにも天候の回復を祈りたいと思います。





今日は家族で福生市にある米軍横田基地で開催(8月23日~24日)されている横田基地日米友好祭 (Japanese-American Friendship Festival)に行ってきました。当初、車でのアクセスを考えてましたがやはりまったり楽しみたいのとアメリカンフードと言ったらビールが付きものなので急遽変更し電車での往復となりました。所要時間は1時間40分程となりますが終始ビールが飲めた事に比べれば大したことはありませんでしたね。

そうそう、車でアクセスされる方は駐車場の確保が前提になりますが探せば確実にあると思います。ないないと言われてる駐車場ですがありとあらゆるところの一般市民宅の庭や駐車場、レアなところでは動物病院の駐車場などがこの2日間の間、有料駐車場に化けるので気長に探してみてください。もし、ない場合でも牛浜駅を一つまたは二つ前の駅ににベースの有料駐車場を借り電車で移動すれば容易いと思います。

出店してたブースでお気に入りはやはり実車のドリフト車輌を展示してるところやHPI社のブースです。特にHPI社はこういった各イベントにも積極的に参加してる事が多いですね。実車とリンクしながらさりげなくラジコンを宣伝してるところはセンスが感じられます。そしてなによりもアメリカン思考なのでSunnyのツボにバッチリはまりついつい長居してしまいました。○○さんがGPでデモランしてましたが路面コンディションも悪く少々やり辛そうでしたがマシンコントロールは見習うとことがあり勉強になりました。(本音はちょっとやらせてもらいたかったかもです +555)

あいにく小雨模様の天気でしたが子供達も大喜びでひさびさに有意義な一日を過ごせました...さて、ブログのアップも終わりこれから地元の祭りに出動です!























































昨晩、HPI製AE86の窓枠データを作製してましたが関東地方を襲った集中豪雨、近くで雷がゴロゴロ鳴っているのを聞きあわててパソコンの電源を落としました。大分前になりますがやはり雷が凄かった時にどうしても中断できないパソコンでの作業をしてました。

「ピカッ、ピカッ」っと一瞬光ったなと思った瞬間に今まで効いたことのないこの世の終わりのような雷鳴とともに近所一帯の灯りが消えて10分ほど停電したことがありました。幸いパソコンとデータは無事でしたが雷サージのリスクは馬鹿にできず落雷時の誘導電流が流れて回路を破壊してしまうこともあるので注意が必要です。

さて、中断されていた作業を再開し何度か試し刷りをして精度を高めてボディに貼ってみました。このAE86の場合はウインドーが比較的湾曲してないのでデータ作りは楽でしたね。中には貼った時の伸びも計算に入れて作らないとダメな車種もあるので簡単ではありませんが伸びも良く、また何回も貼り直しができるマスキングシートを使用してるので今のところ大した問題にはなってません。また、気になる糊残りも無い等しいのでお気に入りのマスキングシートです。さあ、色入れが楽しみになってきました!

お盆が過ぎたというのに暑苦しい日が続いてますが、そんな時は体感温度を下げるべく怖~い話でもしてみては如何でしょうか?

Sunnyの住んでいる神奈川県には心霊スポットが沢山あります。逗子の化けトン、剣崎のトンネル、虹の大橋、相模原の廃病院などが有名どころで、その他も全て行った感想はどの場所もうすら怖いです...

お化けとかは信じないほうだけど、見えないだけで霊は必ず存在すると思うし、今は安易にふざけ半分で行こうとは思いません...そっとしておいてあげるのが一番だと思います。

心霊写真についてはPhotoshopを弄るようになってから「なんだ凄く簡単に作れるんだな~」というのが本音だけど、中には「うっ...」と一瞬黙ってしまう物も確かにあるのでなんとも言えませんね。ちなみにブログの右側にあるSunnyの自己紹介欄下の映画「SHUTTER」の広告ををクリックしてみてください。怪現象が見れますよ。

映像系だとYoutubeでの投稿が代表的で、此方の心霊現象はほとんどが作られた作品かな。でも、素人ではなくクリエイターの方達の投稿が多いのでかなり作り込まれてる作品が多く質が物凄く高いので飽きないですね!回線料は掛かりますが無料で観れるのでいろいろと検索してみてください。























































遅ればせながら、HPI製 AE86 LEVINの作製に取り掛かりました。まずはシャーシに合わせてからカットの作業ですがそこでいつも悩むのがカットラインでシャープに見せるかボリューム感を出すかで違うし、またホイールベースも各車微妙に違うのでピタリと決めるには少々時間が掛かります。各ラジドリ系のブログ等で活躍中の皆さんが使用しているAE86のカットラインを参考にした結果、今回は少しボリュームが出るカットラインに決めました。

さて、ペイントの作業に入りますがいつものごとく米国のスポコン風に仕上げたいと思ってます。電飾系は付けないでリアウイングも無し、補強も無し、素のAE86の動きで皆さんと楽しく絡みたいと思いますのでお会いした方は宜しくお願いします。

そうそう、時間が無く2パック(HPI製タイヤはやってません)しか試せませんでしたがTNレーシングのダブルソフトのインプレを少々...
まあ、腕もあると思いますが第一印象は滑りすぎで操作困難な状況でした。ゼロワンRでのセットではダメだったので前後少しだけキャンバーを付け様子をみましたが面圧が掛かったのか良い感じになり、またタイヤが暖まってくると少し喰いだすのでゼロワンRと比べコントロール出来る領域も変わらず走れるようになりました。そして気になる走行後のダストですがゼロワンRと比べ格段に少ないので車体が汚れないのは嬉しいポイントですね。2パックしか走ってないのでタイヤが減ってきた時の挙動は確認できなかったので機会があればインプレしたいと思ってます。

久しぶりに当ブログのアクセス解析を覗いみたところ諸外国からの訪問の多さに驚いてます。
特にUnited States(Thanks John!)からのアクセスは群を抜いていてアメリカ好きのSunnyには嬉しいかぎりです。パソコン、インターネット回線、少々の勇気(笑)があれば、こうやって国を問わず世界中のオタクと気軽に交流できるのがインターネットの利点だと思ってます。

Sunnyの場合、子供達に5才の頃からインターネットを解禁してます。もちろん、ある程度小細工(フィルター)はしてますが比較的自由に観覧させてます。これは現在のメディアなどの偏った情報などより世界最速な生の情報をリアルタイムで取得できるので目を養って欲しいという理由もあるからです。論議はいろいろあるようですが知識の共有、自由な発想を妨害されることのない唯一の通信手段としてこれからも繁栄し続けていくのではないかと思います。


















































































今年の夏は2人の子供にスノーケリングをマスターしてもらいたいと思い近所のスポーツ量販店にグッズ一式を物色しに行ってきました。いろいろなメーカーの物が陳列されてる中、ひときは目をひいたのはAQA製のスノーケルグッズで触ってみたところ良質のシリコンゴムを使用してるしなんと言っても子供に装着の方法や注意事項を補足説明するには十分な内容のHow To DVDビデオ付きなので早速購入してみました。

自宅に持ち帰り、DVDを観せてから器具をセットし、早速お風呂で練習させてみましたが子供の勘のよさ、のみこみの速さにはただ驚くばかりでした。これは実践でのスノーケリングが楽しみになってきたので海事情に詳しい友人に初心者が楽しめる場所をピックアップしてもらうことにしました。

先日、子供達を連れピックアップしてもらった三浦の某所にてスノーケリングを実践してきましたが家でのDVDでの補足説明とお風呂での疑似体験が効いたのか2人とも1時間もしないうちにマスターして気持ちよさそうに海中を覗いてました。また、この場所は浅瀬続きで透明度も高く子供達も大喜びでした。もちろんその姿をみてニヤニヤして親バカしてたのは言うまでもありません(笑


以前に紹介した『HOBBY SHOP ARMS』さんのドリフト専用コースですがなかなか盛況のようですっかり路面も出来上がり程よく滑り気持ちよくドリフトできます。まあ、どのサーキットでもそうですがタイヤのチョイスを誤ると速度差があまりにも激しくなり、また操作も難しくなりがちです。

Sunnyが普段使用してるタイヤはゼロワンRなのですが、新品のままだと物凄く走行し辛いので、外で4~5パック程使ったゴムと樹脂面がツライチぐらいになったのを使用してます。 このタイヤのノウハウは賛否両論でツライチになってから外側だけを削ってる人も多いし、両側を削ってる人もいますので各自いろいろと試してみると面白いかもしれません。

そんなある日、怪しげな某有名な方が「TNレーシングのダブルソフトが良い感じ!」とのインプレをしていたので早速購入してみました。このタイヤの長所はゼロワンRのようにリングとゴムが別ではなく樹脂タイヤなので育てなくてもポン付けでいけるところですね。試しにホイルに組んでみたとろかなり精度も良いようで期待が持てます。対抗馬にHPIの樹脂タイヤがありますがこちらも所有してるので近日中にインプレしたいと思います。





















































最近、各社から発売されてるドリフト コンバーション キットですがどれをとっても独創的なものが多く、シャーシビルダーの思想が見え隠れしてるので見ていてるだけでも楽しいです。特に写真のStreet JAM製 OTA-Rなんかはその独創性と操作感から各地のトップドリフターからも高評価でSunnyも凄く興味があります。

基本シャーシはタミヤ製 TA05を使用していて、見た感じはどことなく某車に似てますがメーカーではなくサードパーティーの会社がここまで本気になってシャーシを作り煮詰めた事に大きな意義があると思います。今はTC3にぞっこんですが時期シャーシはそんな風に頑張ってる会社のシャーシを使いたいと考えてます。

NOTE:スピードウェイパル製 FC3S























































現在作成中の激レア シャーシをレポートしたいと思います。
さて、画像でこのシャーシが何だか分かる方はいらっしゃいますか?
もしも分かった方がいたら是非Sunnyと友達になってください!相当なアソシ狂(Associated)、もしくはオタクだと思われます。

このシャーシはGP(Gas Power)であるAssociated NITRO TC3(アソシ ナイトロTC3)のカーボンコンバ-ションですがただのコンバ-ションではありません...画像でもお分かりのとおりモーターマウントが付いてますね、そうGPをEPに改造するコンバ-ションキットなのです。調べた限り日本ではこの1台だけの存在のようなので相当な激レアになります。

NITRO TC3とは現在使用中のRC10 TC3とは兄弟車にあたり、当時最強だった無限精機のMTX3を破り世界選手権を獲ったこともある由緒ある車で日本でもかなり人気がありました。Sunnyも速効で購入してサーキットにて走行してましたがシャフト車がゆえにハイパワー戦争には勝てずに無限MTX3を購入した時にお蔵入りとなりました。

しかし、時を経てある日、WEB観覧中にふと立ち寄った海外通販サイトでこのコンバ-ションキットを見た瞬間にポチッとしてる自分がいました。何故か?といえばこの足回りを見れば分かると思いますが実車のようにダブルウイッシュボーン構成でしかもキャスターやトレッドも数秒で調整が可能なこと、使用中のTC3とは共通部品が数多くありストック部品で十分生き返らせることができると思ったからです。勿論、ドリ車としての購入ですがどんな動きをするのかとても楽しみで毎日眺めてはニヤニヤしています。

普段から大変お世話になってるgoogleですが8月5日から「Googleマップ」で指定した場所の町並みを写真で見られる「ストリートビュー」機能が公開されました。東京、大阪など主要12都市の一部について街路を360度の写真で確認でき、事前に待ち合わせ場所を確認したり、旅行で行きたい場所を見るといったなどの使い方ができるそうです。少し前になりますがすでに米国ではこのサービスは始まっていてSunnyのリンク先である「HERO's ADVENTURES IN RC DRIFTING」のブログ管理人でマイアミ在住のDrift JunkyことJohn君とやりとりした時にガレージに駐車してある車まで見えたのには無料地図もここまできたか...と驚いたものです。

写真は「ホビーショップ アームズ」さんですが聞いたところによるとそんなに古い写真ではないようですので本当に使える無料地図と言えると思いますのでいろいろと検索して楽しんでください。きっと嵌りますよ!


















































































今日は家の近所に8月5日にオープン予定の『ホビーショップ アームズ』さんのコース作りをお手伝いしてきました。2階はショップとミニッツサーキット(これがまた巨大)、1階部分の奥には弟さんが経営されてるジムがあり残りは目一杯使いラジドリ専用のサーキットとなってます。ちなみにコース設計はラジコン雑誌でも有名な○野さん、テクニカルアドバイザーに厚木の持○さん、コース設置はこれまた有名な○腰さんといったそうそうたるメンバーでの走行しながらのコース作りは勉強になりとても楽しかったです。

インプレですが2枚目の写真はほぼ完成していて見て分かるとおり絶妙なコーナーのR設定なので1周繋げて綺麗に流すには少々テクニックがいるかもしれません。路面の状況ですがウレタン防水床のようで程よく滑り良い感じでしたが走行後の車を見てビックリ、なんと床の表面が削れて車が緑色...絶句しましたが帰る頃には路面も出来上がり滑り具合もちょうど良くなり車にも緑の粉塵は付かなくなりました。ちなみにタイヤはいろいろ試した結果、塩ビ管かゼロワンRが良いのではと思いましたがそのへんは好みがあるので各自試してみてください。

そうそう、ここの店長は子供好きで有名な人なのでお子さんを連れて行って親子でラジコンもおつかもしれませんね。Sunnyも息子を連れてって鍛えよっと(笑