About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu




video


ここ5日間くらいかけて表題のPC用 FPS GAME Crytek製の「CRYSIS WARHEAD」をコンプリしました。Call Of Dutyシリーズに並びFPSゲーマーに絶大な人気を誇るCRYSISの続編であるCRYSIS WARHEADは前作に登場したサイクス軍曹の視点で描かれてます。

前作の「CRYSIS」のストーリーをざっと説明すると設定は2019年、フィリピン海の孤島で発見された古代遺跡を調査中の米国研究員が同じく孤島に進軍していた北朝鮮軍によって拉致され連絡が突如として途絶えたところから始まります。米軍は彼らの操作と救出のために次世代防御装甲「NANOスーツ」を装着した特殊部隊ラプタ ーチームを現地に派遣しますが孤島の奥地で恐るべき力に遭遇することになります。それは北朝鮮軍ではなく...といった感じですが、このNANOスーツと言われるものが近未来的な防御スーツで「マキシマム・スピード」を使った高速移動、「マキシマム・ストレングス」を使ったハイジャンプや殴り倒し、極めつけは「クローク機能」を使い透明になり敵に接近し殴る、撃つなどができるのが特徴でしかもミリヲタをも唸らせる武器の数々を使用しての暴れまくりは圧巻です。

今作はさらにパワーアップしたそうですが前作があまりにも秀作なために感じるところが少なかったですが一つ言えるのはロースペック(息子のPCでPen4 3.0@3.9GHz&RadeonX1650XT)なパソコンでも快適に動作するのでパソコンのせいで撃ち負けるようなことはありませんでした。また、ビデオドライバーも最新ではないものを入れてますがきちんとした動作をするのでチューニング完成度はとても高いと思います。もちろん現行のPCスペックでプレイすればPCゲーム至上最高のグラフィックでの戦闘や爆破シーンが体感できると思います。秋の夜長に如何ですか?



最近のラジドリ車における傾向はフロント寄りにモーターが搭載されてるものが多いですが見た目も実車っぽくて格好が良いですよね。そんな中、ラジドリ専用車ではありませんがこれはRR?と思わせるモーター搭載位置のTEAM MAGIC製 EPツーリングカー E4RS ARR(組立済み)がイーグル模型から発売されました。このレイアウトで4輪駆動ということはポルシェのようですが、う~ん、値段(定価 税込み52,290円)はさておき、このナロー&超低重心とモーター搭載位置が気になってしかたありません。ベルト車なのでプーリー比も簡単に変えられそうだし、なんといってもセッティング出しが楽しそうです。基本的な設計がきちんとされていてグリップで速ければドリフトでも良い感じに走ると思うのでこれは要チェキな1台になりそうです。


リンクに『PlanetArts』(プラネットアーツ)さんを追加しました。

MDプリンターとIllustrator CS2を使い白抜き黒フチステッカーを作ったので前回に作ったHPI製AE86のステッカーを剥がして貼り直してみました。

やはり、黒一色のステッカーより白黒の相乗効果で栄えて見えるのと白抜きはなかなか見ないので格好良くなりましたね。米国のスポコン風を狙って作成してるので見事に的中です。そうそう、このステッカーと一緒に作ったシルバーメタリック抜き黒フチステッカーは欲しいという方がいたので譲ってしまいましたが単色の濃い色に似合うと思います。

さりげないですがみんなと一味違ったステッカーが欲しいという方はSunnyを見たら声掛けてください。これからはステカとMDプリンターを両方使ってバイナルとおりまぜたオリジナルなものを作っていきたいと思ってます。



先日はMDプリンター用の各社ロゴデータを作製しましたが、印刷用の透明シートが数枚あったので試し刷りしてみました。この透明シートはどこでも売っている市販のものを使用してますが訳があります。実車で使用する専用シートもありますがどれも厚さがあり曲面にいまいちなじみません。このシートは薄く良く伸び曲面になじむのが特徴で耐久性が欲しい場合は上から極薄のクリアーシートを貼ることでキズや水分から守ります。この方法の他にクリヤースプレーを薄く吹きかけても同じ効果がありますが限度を超えると文字がにじんでしまうので注意が必要です。それからTIPSですがそのままではこのシートは使いません...まあ、表面のザラ付きを取るといったところですが...

さあ、いよいよIllustrator CS2からデータを送って印刷に入ります。あらかじめに白と黒のレイヤーに分けてあるので順番に印刷ですがこのプリンターの面白いところはドライバのページ合成チェックを入れると1回目の印刷が終わっても排出されずにまた元の位置に戻る動作があり、これによって何回でも上塗りできるので隠蔽率を高められます。また、この上塗り回数の加減でも面白い色合いがでるのでなかなか楽しい作業です。

肝心な出来映えですがアップ写真を見てもらえば分かりますがホビー用途としては申し分ないですね。これからもいろいろなデータ作りに励み、市販されてないようなステッカーを作っていきたいと思います。

幾つものラジコンのボディを作製してきましたが、各社ロゴステッカーは悩みどころの一つでした。キットに付属のステッカーでも雰囲気は出ますがペイントする色によっては他と同じになってしまいます。もともとベタベタ貼るのは好きではないので少ないステッカーのなかでも海外のメーカーロゴを好んで貼ってましたが限界があります。Photoshopを使用して車のイメージデザインをしていく途中にレイヤーとして各社ロゴデザインを貼りますが色味などは自由自在に変えられるので思ったような車に仕上がりまが実際にステッカーを作ってみると市販のプリンターで白色は印刷されないのでいまいちリアルさに欠けてました...

そこで今回からはMDプリンターを使用しリアルなステッカー作りをしていきたいと思います。このプリンターは白色の他にメタリック各色が印刷できるのが特徴で透明なシートを使えば市販のステッカークオリティに近いものが出来上がります。なんといっても理想どおりな物ができてデータ作りの楽しさも無限大です。さっそくスポコン寄りな各社ロゴステッカーのデータをIllustrator CS2を使用して作ってみました。縮小してからの縁付けが少々面倒ですが楽しみながらの作業なのであっという間に出来上がりました。この場合、バックの白は透明なシートを使うので白抜き黒縁のステッカーになります。シルバー抜き黒縁、白抜きメタリックブルー縁などもできるのでデータさえ作っておけば応用は自由自在です。

あとはレイヤーごとにMDプリンターで印刷すれば出来上がりですが、続きは順次アップしたいと思います。

先日、某サーキットにて気の合った友人達数名とラジドリしてきました。実質、ラジドリは1ヶ月半ぶりな事と作ったばかりのNewボディなので不安いっぱいでしたが1パック使い切る前には以前と変わらず走行できたので一安心しました。自分で言うのも何ですが、う~ん、いいですね~AE86は!ボディもさることながら走りにおいても他車の200mmのボディと比べても遜色なく、むしろラジコンらしくない実車のような動きが印象的で満足度120%です。

楽しくおしゃべりしながら数パック走行後に友人の一人が写真をいっぱい撮ってくれました。室内での撮影でしかも光量が足りなく苦労してたみたいですが良い写真が合ったのでお礼と言ってはなんですがPhotoshop CS2を使い流し撮り風に加工してみました。実際の写真は3台の停止画でクリッピングポイントに向けてステアリングを切ってるだけのものですがぼかしフィルターを使うとあら不思議、3台追走写真の出来上がりです。3台でこの距離なおかつフルカウンターなので実際にはありえないように感じますが、求めるところはハードルが高い方がやり甲斐があるのでこういった遊びで笑いながらイメージを膨らませテンションを上げるのも一つの方法かと思います。

































































少し間が空いてしまいましたがデジカモ仕様のHPI製 AE86が完成しました。前回からの追加はミラー、マフラー、スポンサーステッカー類です。ボンネットのロックフォード LOGOはステカでカッティングシートを切り出して貼ってあります。ステッカー関係はMDプリンターでの作成予定でしたが今回は時間がなかったのであきらめ手持ちのステッカーですませました。

次回作るときははMDプリンターで印刷したモノを使いたいと思っています。



しばらくぶりにジェシカ・アルバ(27)を発見。アメリカ大統領選挙登録促進活動の広告用で「自分を黙殺することができるのは自分だけ」と書かれていて、政治家に自分の声が届くよう選挙登録をして投票しようと促しているらしいのですが構成が結構キツイなと感じつつもすごく大人になったなと思いました。

彼女は知らない人はいないくらい有名な映画タイタニックのジェームズ・キャメロン監督がプロデュースしたドラマ『ダーク・エンジェル』の主人公 マックス役で有名になった女優さんで2007年には「世界一セクシーな女性」第1位に選ばれてます。メキシコ系アメリカ人2世の父親とデンマークとフランス系アメリカ人の母親の間に生まれ、顔立ちはラテン系で笑顔が可愛いのが印象的ですね。のちに発売された『ダーク・エンジェル』DVD版はSeason1&2とも速攻で購入した記憶があります。

最近では映画イントゥ・ザ・ブルーでサム役、ファンタスティック・フォーではスーザン・ストーム役で出演してましたね。こちらのほうは観た方は多いと思います。私生活では1児のママであり、またチャリティー活動に熱心だそうでこれからも目が離せない女優さんの一人です。


































写真は任天堂 WiiとDS Lite用のスケルトン ボディ シェルです。なかでもWiiのシェルは凝っていて内部温度によってLEDの色が変化する仕様です。
Sunnyの場合、昔からスケルトンと光りモノには目がなくこんなシェルを見つけては改造してました。一時期流行った携帯電話のスケルトンなども自分でやり、保証の事とかお構いなしに分解しちゃってました。分解にはちょっとしたコツと特殊工具が必要ですが携帯電話を落としてキズを付けてしまってもモックアップを買ってくれば元通り新品になります。これで今までに何個落としては新品にしたことか...分解のコツ?とは爪を伸ばしておくことですね(笑)
この製品を手に入れるには海外通販になりそうですが入手できたらアップしたいと思います。






















いよいよ3連休が始まりましたが如何お過ごしでしょうか?

今日は午前中そうそうに仕事を切り上げ、家族で箱根大涌谷の温泉卵(黒卵)を食べに行ってきました。連休初日なのでこの時間からの出発は無謀とも思えましたが子供達からの強い要望があったため、重い腰をあげ、いざ出発しましたが新西湘バイパスの出口でいきなりの渋滞...VICS情報でも各所で渋滞中とでるのですかさず裏道に逃げながらなんとかP.M13:29には大涌谷駐車場の近辺まで到達しました。

しかし、駐車場待ちでここから思ったように進まずにいる中、何台かの車がUターンしてるのを見掛けましたがジッと我慢で到着したときには皆へろへろでした。まあ、着いてしまえば苦も忘れ、早く温泉卵をゲットしようと上の売店まで皆足早だったのは笑えます。恥ずかしいので家族で何個食べたかは内緒ですがいつ食べても本当においしいですね~ここの温泉卵!寿命も少しは延びたかな?

もちろん、お土産もどっさり買い込んだのは言うまでもありません。

上塗りの艶消しホワイトが乾いたので百均ロールバーを組み込んでみました。まず、仮組みしてロールバーで擦れそうな箇所を内装色と同じブラックのテープで補強してから本組みします。今回は百均で買ったブラック色のアルミテープを使用してみました。

完成後にシャーシに載せて眺めてみましたがやはり車が締まって見えるので正解でしたね。あとはミラーとマフラー、ナンバープレートも付ける予定です。

作製中のAE86ですが本来の動きをしてほしいために重量物である電飾系は今回は見送りました...

しかし、見栄えがこざっぱりしすぎて物足りないので百均で買ってきたストローを使ってロールバーを自作してみました。まず、ストロー(35本入り100円)をハサミとカッターを使い、車の内装に合わせて切り出します。次に各箇所に合わせて瞬間接着材を流し込み硬化促進剤を吹いて固めます。ちょっとしたTIPSですがピラーに添ってるバーには角度を調整する目的でストローのジャバラ部分を使用しました。

組み立て後はサフェーサーをかるく吹き、今回はボディに合わせて艶消しホワイトにペイントして完成です。ここまでの所要時間は約2時間程なのでテックレーシングから発売されてるロールバーは高いと少しでも感じた方はストローロールバーの自作をお勧めします!

作製途中のデジカモ仕様 HPI製 AE86です。ベース色はファスカラーホワイトでエンジンクリヤー、ホワイト、シルバー、裏打ちブラックの順でペイントしてあります。

カーボンボンネットの作業方法はあらかじめ用意してあるカーボンパターンデータをPhotoshop CS2で開きレイヤーの透過を80%にして透明なシート(のびるラベル)に印刷します。つぎに裏からボンネットに貼りますが1枚貼りだとカーボンの目が歪んでしまうので真ん中から分けて2枚で貼ります。このままシルバーを吹いても良いのですがよりリアルカーボンにするためにメッシュテープを重ね貼りします。こうすることによって透過設定して印刷してあるカーボンの薄い柄からメッシュテープが透けてみえるので仕上がりは本当のカーボンのような風合いがでてとてもリアルに見えます。

Photoshop CS2とIllustrator CS2で作ったデジタルカモフラージュステッカーを試しに貼ってみましたが良い感じなのであとはスポンサーステッカーや細かいパーツを付けたらいよいよ完成です。






























































最近、各方面で話題の「のはらしんのすけ儀塾大学」が2008年9月4日(木)、本当に開校したそうです。のはらしんのすけと言えばアニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、あのお尻プリプリで有名ですがなんと同校の学長に就任するそうです。謎だらけですが入学対象年齢が3歳~100歳となっており、募集期間の詳細に「学びたいという意志を尊重し学習の意欲が沸き上がった時に入学することができます。」となってるので興味が湧きますね。オープンキャンパスが開催されるそうなので時間があれば見てこようと思います。

只今、作製中のAE86ですがちょっと一息してるとこです。Photoshop CS2とIllustrator CS2を弄ってたら良いアイデアが浮かんだのでHPI製ソアラをトランスフォーマー仕様にしてみました。

いつものようにラジドリではあまり見掛けないボディ作りを心がけてますが如何でしょうか?まだ、細部は詰めてませんがちょっと小細工してオーディオシステム組もうかと思ってます。ウーファーBOXも考えたんですがボディ内部に入れてしまうと音がこもってしまうので前回みたいにリアウインドーに直接かな...楽しみにしていてください。