About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



各社から様々なリチュウムポリマー用充電器が販売されてますがSunnyは『MULTIPLEX LN-6015 EQU』という機種を使用してます。カツカツレースで使用する訳ではないので拘りはなく、最低限のスペックでコンパクトなものを選びました。現在に至っても不具合などは一切なく、良い充電器だと思います。しかし、バランス端子がオプション扱い(大きいのでかさばる)なのと、また端子の選択が限られてるので他社の端子と組み合わせたりしないとバランス充電できないのが少々不満なところです。

それならば作ってしまおうと思い、電子パーツのボックスを覗いてみたところ、ちょうど良さそうな物があったので早速自作してみました。使用する部品はPCのマザーボードなどに使用されてるジャンパピンと伸縮チューブのみです。なぜ、こんな部品を持ってるかというと、その昔パソコンのオーバークロックに凝っていたことがありCeleronの石では一応日本記録持ってたりします。まぁ、購入しても単価20円位なので電子部品屋で購入してみてください。作業手順は付属のバランス端子をニッパーなどで根元から切り被服を剥いでおきます。次にジャンパーピンを同じように半田付けをし伸縮チューブで保護すれば出来上がりです。その際にマイナスが分かり易いようにニッパーで先端を2mmほどカットしておくといいかもしれません。

こうして完成した自作バランス端子ですがメーカーを問わず、あらゆるバッテリーのバランス充電が出来るようになりとても重宝してます。リチュウムポリマー充電器を購入した方は是非自作してみてください。