About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



これまでに結構な数のラジコンを作製してきましたが、必ず行ってる事が2つあります。一つはミリネジのタップ立てですが、この作業をすることにより、組みの際に均等な締め付けができること、また人差し指と親指でレンチ先端部分を回せば素早くバラせます。写真はHUDY製工具の5.5mmレンチ部分を外してタップを装着しています。これにより面倒なタップ立てもサクサクと半分くらいの時間できるので重宝してます。

もう一つは部品の擦り合わせですが、各箇所にへんなテンションが掛からずにスムーズに動かすのが目的です。ラジコンは実車と違い車重が軽いので、どこかに変なテンションが掛かってると巻きの原因になりかねないので特に気を使って組んでます。また、サスアームにシャフトを通す時もリーマーを使いスムーズに動くようにしたほうがより理想的だと思います。

些細な事だとは思いますが、少し気を使って組むことにより、その車のポテンシャルを短時間に把握することが出来るようになると思います。サンデードライバーにとって時間とお金の節約にもなると思いますので良かったら試してみてください。