About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


TA05のノーマル状態のプーリー比はF:R共に16-36Tになりますが、現在はケツカキ仕様のためF:15-40T R:18-32Tとなってます。プーリーの組合わせは以下を参照してください。(全部試した訳ではありません)

#フロント
15T 36T 2.40
16T 36T 2.25(標準)
18T 36T 2.00

15T 37T 2.46
16T 37T 2.31
18T 37T 2.05

15T 39T 2.6
16T 39T 2.43
18T 39T 2.16

15T 40T 2.66
16T 40T 2.50
18T 40T 2.22

15T 42T 2.80
16T 42T 2.62
18T 42T 2.33

#リア
16T 36T 2.25(標準)
18T 36T 2.00
19T 36T 1.89
20T 36T 1.80

16T 32T 2.0
18T 32T 1.77
19T 32T 1.68
20T 32T 1.60

16T 27T 1.68
18T 27T 1.50
19T 27T 1.42
20T 27T 1.35

16T 25T 1.56
18T 25T 1.38
19T 25T 1.31
20T 25T 1.25

上記にある数種類の組合わせを試しましたが、だいたいF:15-40T R:18-32T辺りからケツカキ仕様の本領発揮といったところだと思います。あくまでもセッティングによると思いますが、ラジ歴が1年以上ある方ならこの辺りからはじめるのがコストも掛からずにお勧めです。

多分これよりも過激なケツカキ仕様にしてモアカウンターとなると、よりフロントが引っ張ってくれるセットにしないとバランスが悪く走り辛いかもです。現在のF:15-40T R:18-32Tだと自分の理想に近い車の挙動ですが、これ以上となるとパッとみ物凄い前カキな車の挙動になりそうなので、どうしようか迷ってるところです...

一応、リア用27Tのソリッドデフは加工済みでスタンバってますので、装着したらインプレしたいと思います。