About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


先日、WEBにてケツカキ仕様をキーワードに検索を掛けてると、ある方の面白い試みが目にとまりました。それはリアサスペンションをリジッドにすることで、ふらつくリアの挙動を制御するというものです。まれにダンパーオイルを入れていない人はいますが、流石にリジットは見掛けたことはありませんし、残念ながら発想すら無かったです...

そんなある日、数人の仲間と室内サーキット(カーペット路面)に出向いた時に、仲間内の一人が試してみるというので立ち会うことができました。仕様はカーボンシャーシのシャフト車で若干ケツカキ仕様になっています。操縦してみましたが、これがまたSunny好みのセットが出ていて、良い感じに弱カウンターが当たります。また、決してフルカウンターではないですが、シャフト車特有の加速感があり、ベルト車のTA05にはない楽しさがありました。

そして、いよいよリアサスリジッドに交換しての走行です。まず、感じたのは安定感もさることながら、更にケツカキ感が増しカウンターを当ててる時間が長くなりました!交換前と比べてみるとロングで飛ばす場面で若干飛距離が喰われてしまう傾向でしたが、調整で何とかなりそうな範囲でした。これにはリアショック要らないんだな...という驚きと、最初に考えた人は発想が素晴らしい!と思いましたね。先人に感謝したいと思います。

と、ここで自己所有の1号機である弱ケツカキ仕様 TC3にはどのように作用してくるのか俄然興味が沸きます。なので、早速リアサスリジッドを試そうと思いパーツBOXを探しますが、適当なモノが見つからなかったので、手持ちのスプリングで一番硬いGP用のスプリングを使用してみることにしました。まず、交換前のセットで数パック走った感じは、友人の車ほどカウンターは当たりませんが、弱カウンターを当てながらロングで飛ばすこともでき、またスロットルワークに忠実に反応してくれるのでラインの自由度があるといった印象です。

そして、交換後走行してみましたが、やはり前車と同じく更にケツカキ感が増しカウンターを当ててる時間が長くなりました。スロットルを入れると良い感じに巻いてくれるので、例えばコーナー進入をブレーキングドリフトしながらカウンター、クリップ以降はスロットルを入れてカウンターを当てるといったことが可能になりました。肝心な車速ですが、若干喰われたものの、もともとロングで飛ばすセッティングにしてあるのでそれほどスポイルされることはなかったです。あと、走行ラインが変わり最初のうちは少し戸惑いましたが、1パック終了後にはなんとかモノにすることができました。

ヘアピン手前のロングをメカチューンモーター(笑)が唸りを上げ、弱カウンターを当てつつ吹っ飛んできながら一瞬のブレーキング、そのままクリップまでカウンターを当てつつ慣性ドリフト、クリップ後もカウンターを当てながら脱出といった具合に実車さながらの挙動となり今回は大変満足な結果となりました。いや~、ラジドリ楽し過ぎます!

Special Thanks,

M&Mさん!!!