About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


昨日は友人と『WARUサーキット』におじゃましてきました。現地でMさんと合流したところ、なんでもT君がシャフト車のケツカキ仕様のセットだしに来るとのこと。台数が増えると言うことは、より追走が面白くなるのでこれは楽しみです!

受付を済ませ、ピットで車の整備をしながらMさんとケツカキ仕様のギア談義をしていたところ、遅れてT君が登場しました。早速、Mさんがセットに入り試走します。T君はとてもシャイで口数少なめな子ですが、ドライビングのセンスと物事を吸収する能力が高く、数パック後には良い感じになってたので期待が持てます。

さぁ、T君が試走をしてる間、いつものようにMさんとツインドリフトですが、普通だいたい1パック目くらいは様子見なのですが、何故かこの2人はいきなり全開です(笑) だいたいSunnyが前車でMさんが後車の担当でやってますが、2人とも自分の役割が分かってるので凄く追走し易いんですよね。でも、50:50の仕様の車と比べてかなり集中力がいるので、1パック後半にもなると飽きてくるのですが、Mさんが後ろからギャグを仕掛けてくるのでリラックスムードで追走できてます。

そして、数パック走行後、息抜きがてらに近所のラーメン屋で昼食をとり戻ってくると、おお!Nさんの姿が!!この方は何を隠そう元祖TC3マスターであり、温厚な人柄とドライビングもさることながらセッティング能力に関しては一歩抜きんでており、各地のサーキットで輝かしい戦歴を残す達人でもあります。なので、せっかくなのでMy TC3をちょこっと試走してもらいましたが「ケツカキには見えないんだけど良い感じにカウンターが当たる」と好評だったので、セッティングの方向性は間違ってなかったんだとホッと一安心。試走、有り難うございました!

T君が大分良い感じにセットが決まってきたみたいなので、いよいよ3台でトリプルドリフトをしてみることにしました。試しに前車Sunny、中車T君、後車Mさんでやってみましたが、流石にあのコース幅で難しい真ん中担当はプレッシャーがきつかったみたいで最初は戸惑ってましたが、夕方近くになったころにはなんとか形になってきました。なにげにT君に感想を訊いてみたところ、やはりケツカキ仕様で追走時の集中力はハンパではないらしく、通常の2倍は疲れるかもって言ってました。

そんな中、数パック走行したところでカツカツモードになってしまいそうなのをリラックスさせるべくトラップを仕掛けてみました。場所は大きなRの出口付近でスロットルはほぼ全開というシチュエーションです。Sunnyが先頭でT君を見ながら、通常はラインを開けるべくスっと前に出るのですが、わざと一瞬スロットルを溜めてワンテンポ遅らせます。そして、後続のMさんはカウンターを当てたままT君に迫りますが、行き場のなくなったT君はたまったものではありません(笑) 「うわ~、ラインがない~」と叫んだところで、Sunnyはスっと前にでてアウト壁側のラインを開けますが、カウンターを当てたMさんの車が、それもグルグルと高速回転してるタイヤ(爆)が襲いかかってきます。次の瞬間「チュド~ン」と結構いいクラッシュ音がサーキット内に響きますが、間髪を入れずに3人とも高々と大笑い!はい、トリオ結成の瞬間ですね(笑)

今回は笑いを絶やさずトリプルドリフトの練習ができて楽しい週末となりました!次回はさらに完成度を高めようと思ってます!!