About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


1号機のTC3弱ケツカキ仕様ですが、さらなるセット出しのためにアクティブ社から発売されてるドリフトパッケージ対応カウンタードリフトユニットステージ1のギヤを移植してみました。

やはり、ドリパケ用のギヤなのでピッタリと合う訳もなく、いつものようにルーターとヤスリでの現物合わせでの加工でしたが、このギヤは精度が良くバックラッシュ調整もいれて約20分くらいの作業だったのでとても楽でした。最後にアソシのステルスルーブをギヤ周りにたっぷりと塗り、15分ほど空回しをして様子を見ましたが、噛み合いもOKのようなのでこれで終了です。

もともと、TC3は角度も付くしトラクションも掛かるので申し分なく、その十分すぎる縦のトラクションを少しだけ横方向に向かせたいがために始めた弱ケツカキ仕様ですが、この改造によって今ではF:40-13T 3.07 R:36-20 1.70になりました...ケツカキを増す事にだんだん車速が喰われていくのが分かるので本意ではありませんが、実車っぽく車速の緩急を付けたカウンターステアができるように、日々セット出しをしてるところです。

さぁ、どんな挙動になるのかな~、とても楽しみです!