About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu


先日、WEBにてケツカキ仕様をキーワードに検索を掛けてると、ある方の面白い試みが目にとまりました。それはリアサスペンションをリジッドにすることで、ふらつくリアの挙動を制御するというものです。まれにダンパーオイルを入れていない人はいますが、流石にリジットは見掛けたことはありませんし、残念ながら発想すら無かったです...

そんなある日、数人の仲間と室内サーキット(カーペット路面)に出向いた時に、仲間内の一人が試してみるというので立ち会うことができました。仕様はカーボンシャーシのシャフト車で若干ケツカキ仕様になっています。操縦してみましたが、これがまたSunny好みのセットが出ていて、良い感じに弱カウンターが当たります。また、決してフルカウンターではないですが、シャフト車特有の加速感があり、ベルト車のTA05にはない楽しさがありました。

そして、いよいよリアサスリジッドに交換しての走行です。まず、感じたのは安定感もさることながら、更にケツカキ感が増しカウンターを当ててる時間が長くなりました!交換前と比べてみるとロングで飛ばす場面で若干飛距離が喰われてしまう傾向でしたが、調整で何とかなりそうな範囲でした。これにはリアショック要らないんだな...という驚きと、最初に考えた人は発想が素晴らしい!と思いましたね。先人に感謝したいと思います。

と、ここで自己所有の1号機である弱ケツカキ仕様 TC3にはどのように作用してくるのか俄然興味が沸きます。なので、早速リアサスリジッドを試そうと思いパーツBOXを探しますが、適当なモノが見つからなかったので、手持ちのスプリングで一番硬いGP用のスプリングを使用してみることにしました。まず、交換前のセットで数パック走った感じは、友人の車ほどカウンターは当たりませんが、弱カウンターを当てながらロングで飛ばすこともでき、またスロットルワークに忠実に反応してくれるのでラインの自由度があるといった印象です。

そして、交換後走行してみましたが、やはり前車と同じく更にケツカキ感が増しカウンターを当ててる時間が長くなりました。スロットルを入れると良い感じに巻いてくれるので、例えばコーナー進入をブレーキングドリフトしながらカウンター、クリップ以降はスロットルを入れてカウンターを当てるといったことが可能になりました。肝心な車速ですが、若干喰われたものの、もともとロングで飛ばすセッティングにしてあるのでそれほどスポイルされることはなかったです。あと、走行ラインが変わり最初のうちは少し戸惑いましたが、1パック終了後にはなんとかモノにすることができました。

ヘアピン手前のロングをメカチューンモーター(笑)が唸りを上げ、弱カウンターを当てつつ吹っ飛んできながら一瞬のブレーキング、そのままクリップまでカウンターを当てつつ慣性ドリフト、クリップ後もカウンターを当てながら脱出といった具合に実車さながらの挙動となり今回は大変満足な結果となりました。いや~、ラジドリ楽し過ぎます!

Special Thanks,

M&Mさん!!!

数あるラジコンボディのなかで、HPI製のAE86レビンはディテール、走行感共に大のお気に入りになります。しかし、デカールに前期グリルが無いのが玉に瑕ですね...よ~し、それならば作ってしまおうと、PhotoshopとIllustratorを使用して前期グリルを作ってみました。

まぁ、そんなに難しい作業ではなく、トレースして等間隔に格子を入れただけなので10分ほどで完成です。試し刷りをしてみましたが、なかなか良い感じで、これならまた違った雰囲気のレビンが出来上がりそうですね!86フリークの方で「これ欲しい~!」という方はSunnyを見掛けたら声を掛けてみてください。(運が良ければ貰えるかもです...


前回に作製したHPI 'JAZZ' SOARERがあまりにも気に入ってしまってボディ作製が疎かになってましたが、放置気味だったHPI製AE86のリニューアル作業を再開して、デジタルカモフラージュVer.2を完成させました。Ver.1からの主だった変更点はRUN FREE製エアロパーツと自作マフラー装着、スポンサーロゴステッカーをシルバー黒縁にといった感じです。

今回、作業的には既に面倒なエアロパーツが装着済みだったので、各種ステッカー作成のみで済みました。しかし、ちょっとここで問題が発生...いつも使ってる用紙の在庫切れに気付いてショップで購入してきたのは良いのですが、シートの材質が変更になったようで厚み等が微妙に違います。いつものようにデータをMDプリンターにて印刷しますが、ん?なんか仕上がりが違う...ドライバー設定を変えて何回か試してみましたが、以前のようなクオリティにはなりません...これには流石に面食らいましたが、諦めずに繰り返すこと○回、どうにか納得できるクオリティになったので、仕上げに東邦化研のクリヤーをパラ吹きして完成としました。

まず、大まかな位置決めをしてから、指の腹とダイソーで売ってるプラ製耳掻き(笑)を使い、慎重に気泡が入らないようにピンセットを使用して貼っていきます。万が一気泡が入っても慌てずに、デザインナイフで切り込みを入れ、ドライヤーで温めながらもう一度やれば綺麗に抜くことができますよ。良ければ試してみてください。

ステッカー貼り作業を終えて、ストロー製ロールバーを装着したらいよいよ完成ですが、いつもスポコンチックな車に仕上がるように作成してるので、なかなか格好良くできたと思います。それにしても、ホワイトにメッキシルバーとブラックの取り合わせは映えますね。これは今後フェイバリットになりそうです!

気になるところはエアロパーツがちょっとデフォルメし過ぎかなと。でも、ある程度ホイールベースとトレッドが決まってしまってるなかでのデザインなのでしょうがないですかね、それよりもはじめてエアロパーツを企画したHPI社は凄いと思います。この大不況の中に、その後も車好きなユーザーに向けていろいろなパーツを販売したり実車のイベントにもブースをだしたりと頑張っているので、これからもボディをいっぱい買って応援していきたいと思います(笑

ボディ作製をするなかで、よりリアル感を求めるためにエキゾーストマフラーは必需品だと思ってます。市販品ではいろいろなタイプのマフラーが発売されてますが、ステンレス素材を使い作りがしっかりしてるのでパル製のモノを好んで使ってます。他にもリアルに造形されたプラ製のモノもありますが、ヒットした時に欠けたり割れたりするので、現在はパル製マフラー1択となってます。

只今、Newボディを作成中なのですが、某ショップにて同商品を物色したところ、な、なんと欠品中ではありませんか...なければ作ってしまおうと思い、帰り際にダイソーに寄って代用品になりそうなモノを探してみることにしました。店内を物色して数分、おお!ありました~、マフラー径にピッタリのステンレスパイプとチューブカッターをゲット、早速自宅に持ち帰り加工することにします。(※購入したチューブカッターはステン用ではありません)

まず、チューブカッターにて適当な長さにステンレスパイプを切り出します。そして、ポリカの切れ端をマフラー径に合わせてカットします。あとはパイプの中にシューグーを詰めて接着すれば出来上がりです。早速、並べ見比べてみましたが、なかなか良い感じですね。また、友人達と一緒に作ればコストは数十円でお財布にも優しいです(笑) 良ければ参考に自作してみてください!

1号機のAssociated TC3ですが絶妙なブレーキタッチが忘れられず、SAMURAI 23Tのブラシモーターを好んで使用してました。回転&トルクとも申し分なく、ギア比の設定次第ではブラシレスに匹敵するほどの戦闘力があるのでかなりお気に入りだったのでしたが、リポ導入を機にLUNA製の12T 5mmコアのローターを使用してます。

走行感はSAMURAIモーターに比べてブレーキングのフィーリングをそのままに、トルク&回転数を一回り大きくした印象で、2号機のTA05で使用しているLRP製ブラシレス6.5Rと比べても特にデメリットは感じてません。むしろ、ブレーキフィーリングにおいてはブラシレスにはない繊細な操作が可能なので、角度を維持したまま少しだけ飛距離を伸ばしたい時などに効果を発揮します。ただ、ちょっと気になるのは少々燃費が悪いかな...これに関しては通常のニッケル水素電池だとランタイムが短すぎるため、リポを使うことで対応してます。

それと、定期的なコミュ研はどうしても避けてとおれないので、少々面倒くさいのは確かですが、シルバーブラシを使用するようになってからはメンテの回数が激減したので大分楽になりました。ちなみに写真のローターは25パックほど使用してますが、まだまだコミュ研しなくとも大丈夫そうです。(コミュテーター下部の黒ずみは陰です)

こうしてメンテを終え組み直したモーターが、甲高い高回転音を発しながら走行してるさまは、昔乗っていた南部仕様のB310メカチューンを弄っていた時の事を思い出させます。事実上ノーメンテなブラシレスも良いですが、手間暇掛かるブラシモーターを弄りながらのラジドリもなかなか乙ですよ。

セッティング進行中のTA05ケツカキ仕様の駆動部はフロントワンウェイ、センターリジッド、リアリジッドといった具合でしたが、何回かセッティングしていくうちに、なんとかフロントワンウェイの挙動を把握できたので、以前から用意してあったセンターワンウェイ+Fボールデフを試してみることにしました。足回りのセットは前回のまま、駆動比も同じくF:15-40T R:18-27Tです。

まず、ボールデフの締め込みを標準から1/2回転戻したところで始めましたが、フロントが巻き込んでくるのが速く走行し辛いので、1/8回転づつ締め込んでみます。すると、巻き込んでくるスピードが徐々に遅くなってくるので、何回か走行してちょうど良い感じのところを探してみました。この辺は足回りのセットやプーリー比にもよるし、またどれ位のRに合わせるかなど、一概には言えないと思うので各自試してみてくださいね。

これにより、フロントワンウェイに比べマッタリ感がでたので、改善したかった深い角度からの振り返しに少し余裕ができました。しかし、残念ながら、まだこの時点では50:50駆動車との限界付近での追走には至りません...。挙動や走行ラインが微妙に違う車を同じ土俵で走行させることに無理があるのは十分承知ですが、難易度が高くやりがいがあるので、理想なセットがでるまで頑張っていこうと思います。

先日、TC3で試したいセッティングがあったので近所のサーキットに行ってきました。1号機であるTC3はアスファルト、カーペット等、路面を問わずに凄く良い走りをしますが、リアが喰い過ぎる傾向で対策はしてるものの若干アンダー気味です。アンダー気味といっても角度、飛距離とも申し分ないのですが、このままカウンターをあててる時間を長くできないかと考えました。そして、あるセットをしたところ見事に的中でかなり長い時間カウンターがあたるようになりました。試しに他のお客さんとも追走してみましたが、いままでの中で1番良い感じに仕上がったと思います。

しかし、良いことばかりではなく、追走していて気が付いたのですが、他車と比べ圧倒的にスロットルのレスポンスの悪さが目立ちました。これの原因は、いつまでも年代物のアンプとブラシモーターを使ってるせいだと分かってはいるのですが、なかなか買い換えるタイミングを掴めずにダラダラときてしまったので、これを機に新しいアンプに買い換えるつもりです。このままのセットで初期反応が改善されれば、かなりの戦闘力を持ったTC3に生まれ変わるのではないかと思い今からワクワクしてます。

そうそう、帰り際にちょっとした事件がありました。ボディに付いた汚れ落としに、パーマ製のFASHINEを使ってるのですが、ボディを拭いてる途中、シルバーカーボンプリントのボンネットに一滴垂れてしましました...。なんの気なしに、いつものようにウエスで擦ったところ...ゲゲゲ...カーボン柄がなくなり、地のシルバーになってしまいました。通常使用でこんな事ははじめてだったので、かなり萎えましたが、自宅に帰り、久しぶりにステカを引っ張り出し、以前デザインしておいたモノを切り出して誤魔化してみました...悪くはないですね(笑

ケツカキ仕様なTA05ですが、フロント足回りをTBevo4のリバサス(カーボン混入)に変更しました。このパーツはガラスではなく、カーボン混入なのでガタの減少を期待してましたが、思っていたほどではないので、これはトルクロッドを追加した方が良さそうです。しかし、手持ちのトルクロッドを合わせてみたところ、なんと全長が足りません...それではと思い、流用できるパーツを探しに倉庫に行ってパーツBOXの中をゴソゴソと探してみたら、少加工で装着できそうなトビー製のTG10用トルクロッドがあるではありませんか!早速、自宅に持ち帰り加工にはいります。

ここでちょっと問題が発生しました。パーツの寸法的にはいけそうなのですが、色がありえない紫色...これはどうも頂けないので、キッチンハイターでアルマイトを剥離することにしました。まず、いらなくなった空き瓶にパーツを入れ、キッチンハイターをドボドボと注ぎます。そして待つこと数分、パーツの周りに泡が出始めて、みるみるうちに色が剥離していきます。素早く容器から出して中性洗剤で洗い流しますが、あれ?いつまでたってもタイロッドだけが剥離してきません...しょうがないので、ちょっと秘技を使うことにしましょう。その方法とは...鍋に水を入れて沸かし、瓶ごとつけて湯煎します(笑

するとどうでしょう、次第に色が落ちてきて完璧に剥離しました。直ぐに取り出し中性洗剤で洗い流したら出来上がりです。これで他のパーツとも違和感がなくなり、色のバランスが良い感じなりましたね!なおかつ、カッチリとした足回りになり大満足な結果となりました。