About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



新設アスファルトのバリ喰い路面は滑り感が足らず全てにおいて挙動がピクピク~、おまけに駆動系にも厳しく、またタイヤ代が掛かるなどでとても厄介です。でも、50:50仕様の車で走行すると逆に面白かったりするんですよね~。しか~し、今回はカウンターセッティングなので頑張らねば。

さて、進行中のAssociated RC10TC3を使った対バリ食いアスファルト用のカウンター妄想セッティング #2ですが、こんなに弄ったのは久しぶりで見直した項目は10点にも及びました。主だった変更は足回りをより動くようにして限界付近の挙動を掴みやすくといった具合です。でも、滑ってる感が好きないつものカーペット路面とはミューが全く違うので、どれ位滑らす(ドリフト)ことができるかな...この滑ってる時間が重要で実車にどれだけ近づけるかだと思ってるので...

そうそう、珍しく今回はデフの選択で迷ってます。カウンター量で勝ってるフロントワンウェイも考えたけど安定性を考慮するとボールデフも捨てがたいな~。でも、ボールデフだと閉め気味にして喰わせたカウンターステアが必要になってくるかな...まして、この調整が難しくポイントを外すとフロントが引っ張り過ぎるてFF車の様な挙動になってしまうし...う~ん、嫌いな挙動だ~(笑

肝心なボディはというとフェイバリットであるいつものHPI製のAE86 Levinでいきます。他のボディとかも考えたけど86でセットを出しておけば後が楽なので決めました。あ、もしかしたらNewボディーをデビューさせるかも...お楽しみに~!