About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu





昨日はN3と横浜にあるWARUサーキットにお邪魔してきました。
事前の情報だと程よく滑るみたいなので期待が持てます。今回はボディをハチロクから『HPI 'MONSTER ENERGY' SOARER』にチェンジ、それに合わせて妄想セットをしたのでどんな走りになるか楽しみです。

午後一に現地到着、スタッフ~さんと軽い挨拶後、受付を済ませ早速準備に取り掛かります。ここで、実はちょっと恥ずかしい話。初回コースイン前の準備でボディクリップを掛けてる手がプルプルと震えてなかなか掛けられません...しかも、ラジコンをやる時に毎回恒例なんです。でも、これがなくなったら多分ラジコンは飽きちゃってると思うので、手が震える間は続けていこうと思ってます(笑

さぁ、いよいよコースインですがボディチェンジと妄想セットがどんな感じか本コースを走行する前に、まず1階の初心者コースで試走することに。ちなみにWARUさんは2階が本コースですが1階の一部にカーペットが敷かれていて、初心者の方が走行できるように配慮されてます。迷惑が掛からないように誰もいない時を見計らって走行したところ、これが拍子抜けするくらいに実に良く走ります!カウンターもパキッと当たるし、角度も申し分ありません。また、ストレート後の回り込んだコーナーでカウンターを戻しそうになっても、スロットル開度で角度の調整はバッチリです。また、前回課題だった3発振りも全く無問題でタメの利いた余裕のある振り返しはストレス無く走行することができます。う~ん、どうやら妄想セットが当たったようでこれならセット変更なしでもなんとかいけそうです。

と、ふっと、N3の車を見るとストレート後の回り込んだコーナーでカウンターが戻ってしまってます。貸してもらい走行したところ、まず挙動変化がシャキっと伝わってこないようだったので、適正なリバウンドに調整してみます。そうしたところ、ここでこうなって欲しいと思ったところで変更前のようなタイムラグがなくなり、挙動変化を掴みやすくなりました。しかし、なんか車が立っちゃってる感じがしたので、フロントのダンパーを一気に寝かせてみました。これが良い感じで、先にフロントが負けてくれるようになりカウンターを戻さずにいけるようになりました。でも、今度はリアが立ってる感が強くなってしまったのでリアのダンパーも寝かせてみたところ前後のバランスがとれたようでリア荷重のまま立ち上がるようになりました。

まぁ、この状態でも十分なような気もしましたが、欲が出てこのままカキ率を上げれば?となり、+180%近くまであげたところ、これがドンピシャ、縦横のバランスが目に見えて良くなり期待十分です。これは~、Sunnyの車と同じような動きなので追走が楽しみです!

早速、N3と2階の本コースにコースインしてみましたが、2人顔を見合わせてニヤリ。1階よりもさらに滑る路面なので超楽しい~!やはり路面は滑るに限りますね~。おまけにコースレイアウトも良し、プチジオラマも雰囲気でてます。

と、ここで挙動を確認したところ、ロングからクリップ前の飛距離も十分、スロットルコントロールでいかようにもなります。また、路面が滑るせいかライン取りやブレーキ操作も自由自在、全ての挙動が手に取るように分かり、しっかりタメも利くので動作に余裕すらありました。

さぁ、いよいよ追走に入りますが先行N3で後追いがSunnyです。もう、のっけから良い感じで2台ともリア荷重な挙動と遅くもない速くもない、ちょうど良い速度でのビッタビタ走行は久しぶりの爽快感で実に楽しいです。特にストレート前のコーナーで先振りし加速、前走車の懐に入ったままクリップに入りカウンターを当てたままコーナー出口までビタビタで追走などはラジドリの醍醐味ですね~

でも、これは先行が後方を意識してくれ狭いレイアウトの中ラインを開けてくれるので成り立ちます。追走の場合は意識することが練習になりますが、見知らぬ方とこれをやろうとするとなかなかうまくいきません。例えばSunny先行でインを開けるとします。後続がインに入り込み並ぶことはできますが、ほとんどの場合そこから引く事ができずにぶつかってしまいます...主観的ですがインに入り込むまでがアクションではなく、入って引くまでが一連の動作なのでブレーキを掛けても姿勢が戻りにくく、タメの利く車作りが有効かと思われます。

話はそれましたが、時間を忘れて追走していたらいつのまにか外は真っ暗、夜の部のお客さんがボチボチと来始めました。2階に上がり眺めてると各自楽しそうに走行してますが、路面がちょっと喰ってきたかな?って感じです。走行してみるとやはり喰ってきたみたいで、N3と追走時のアベレージスピードが格段に速くなってしまいました。これには2人とも閉口もので、その後2パックほどで終了~、早めの帰宅となりました。

いや~、それにしてもプラチックなバスタブシャーシのTA05は良く走ってくれました。今回は妄想セットが嵌り、納得がいった走行ができたことからシャーシ乗り換えはまだ先かな。候補としてフロントミッドレイアウトのVDFにコンバートを考えてるけど、このノーマルプラシャーシでまだやることが残ってるので、もうちょっと頑張ってみたいと思います。

Special Thanks,

N3