About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu




最近、ご無沙汰な1号機のTC3ですが元祖ケツノリを復活すべく、ちょこちょこと弄ってます。今回は試したいセットがあったので予備のダンパーを使い、GP用の硬度のあるオイルを入れた引きダンパーダンパーを組んでみました。


まず、Oリングはいつもの京商製、ダンパーオイルは無限のGP用#800を使用、引きダンパーにて組みます。しかし、このアソシのダンパーはうん年前の仕様、ダンパーキャップには余分なオイルを出す穴がないので引きで組んで4本の均等をとるには時間とオイルの無駄が多いのが玉に瑕です。


そこで、なにか流用できるモノはないかな~っと、WEBで調べたところ旧ヨコモ製のダンパーキャップ(穴あき、ビス付き)と互換性ありとのこと。大分前試しに購入して組んでみたらエアーを噛まずに1発で決まり重宝したんだけど、いかんせん値段が高い...ははは...ヨコモ高過ぎ(笑


まぁ、ダンパーキャップに穴を開け&ビス止めするだけだから、それなら作ってしまえ!となるのだけれど、肝心なM2のタッピングビスがあまり出回ってなく、あっても意外と高いので諦め掛けてました。と、ある日、ビス関連を小ロットで販売してくれるところを偶然に発見!あまりの安さに早速注文しました。


気になるお値段はというと、なんと!50個で200円+送料いまどきの300円で合計 500円(笑) ちなみにミニッツ用が数個で○○○円、今回は50個とちょっと多めだけど、余ったビスはラジコンボディのオーバーフェンダー止め用にでも使えるのでお得感バリバリです。


さて、今日商品が届いたので早速作業開始。ピンバイスにて下穴を開けてM2のタッピングビスをねじ込み、一端抜いてから内外のバリを取ります。作業的にはこれで完了ですが、予備に同じダンパーが数セットあるので調子に乗って全部作っちゃいました~


久々の工作になったけど、モノを加工したり作ったり塗ったりするのはやっぱり楽しいですね~


う~ん、これが飽きずにラジコンを続けられる理由の一つかなっと。

2 Comment:

しんご@たみや さんのコメント...

私もキットを全く無加工で組んで走らせるだけだと物足りない時があります。VDFは完全に競技指向ですが、もう一台は自由に遊んじゃいま~す。

Sunny さんのコメント...

連コメどうもです!

>私もキットを全く無加工で組んで走らせるだけだと物足りない時が

うんうん。
弄くるのもそうですが、走行する事によって妄想が確信になり、また新たな発見あり!とラジコンは楽しいですよね~

>VDFは完全に競技指向

自分も昔は『何人たりとも、俺の前は走らせね~~』タイプだったのですが、いつのまにかマッタリ派になってましたね(笑

某所の大会頑張ってきてくださね~