About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

実車ドリフトのチームオレンジ・熊久保信重さんが自ら損害を被りながらも、宿泊施設の提供など災害支援を行っています。



以下は転載になります。

*-----------------------------------------------------------------------------------------------------


3/13 12:16

このブログからどれくらいに方々に、届くかわかりませんが、
見ている方々で、被災していて困っている方々にご連絡ができる方は、ご利用ください。

場所
福島県二本松市沢松倉1

東北サファリパーク・エビスサーキット

受け入れ可能人数

合計約200人程度
部屋数約30~40家族くらいは可能です。



3/13 17:20

先ほども書きましたが、

エビスサーキットもできる限りの支援を行っていきたいと思います。

宿泊施設を、家が崩壊してしまって、小さなお子様がいる家族・高齢者家族の避難所にて生活をしている方に、部屋を開放したいと思います。

その際には必ず、二本松市役所災害対策室に連絡をしてください。

問い合わせ…二本松市災害対策本部 電話0243-55-5102

なかなか、この情報を被災者に伝えることができないのと、市役所の対策本部の対応がうまくいかないこともあるので、このブログを呼んだ方々のお知り合いなどで、被災者の方がいらっしゃいましたら教えてあげてください。

約200人くらいは対応可能です。

くれぐれも、小さなお子様のいる家族・高齢者家族を優先させて頂きます。

また救援物資を回してもらうためにも、必ず市役所を通してください。

当社も備蓄食糧が少なく、灯油などの備蓄もありません。

順序と段取りをしっかりとすれば、必要な人に必要な救援ができると思います。

ご協力御願い致します。


*-----------------------------------------------------------------------------------------------------

なかなか出来ることではありません...流石の一言です!