About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

2号機TA05 ケツノリ仕様を弄っていたところロッドエンドのガタが激しかったので、以前から気になっていたスクエア製 TGE-205M ストロングロッドエンドに交換してみました。

1号機のTC3はRPM製のメチャ硬いロッドエンドを使用してるんだけど、このスクエア製ロッドエンドは硬くも柔らかくもなく、ちょうど中間くらいの堅さかな、取り外しが簡単なわりに耐久性ありそうだな~




ロッドエンドといえば各社様々なモノが発売されていますが、材質によって多少使用感が違います。柔らかい材質のモノは取り外しは簡単、ガタが出るのは早いけれど、クラッシュ時には真っ先に外れてくれるので、他部品への影響は少なめです。したがって、どちらかというと初心者向けになると思います。

反対に硬い材質のモノは、ガタの出にくさとダイレクト感から中上級者向けだけど、取り外しのコツを掴むまでは結構力が入ってしまい、何回かやっているうちに傷だらけになってしまうのが玉に瑕ですね...なので、イージーアクセスを可能にするために、いつもちょっとした加工をしています。



といっても極簡単な加工で、ドリル刃でロッドエンド上部に穴を開けるだけ、あとはヘックスのピロボールを使用すればOKです。これによって何回取り外しても傷は付かないし、持ちも良くなりました。

Sunnyのように頻繁にセットアップやメンテをする人はかなり作業効率がアップするので、現在装着中のロッドエンドにて是非試してみてください!