About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

ラジドリの場合、リバウンド調整はかなり重要なセッティング項目となってきますが、Sunnyはこんなモノを使ってリバウンド調整をしています。




作り方は簡単で、ダンパーの車高調整カラーに百均で売っている1mmのバイスで適当な位置に穴を開け、ボディーピンを通せば出来上がり! ワイヤーを引っ張れば直ぐに抜けることから、イージーアクセスに一役買っています!!







調整方法ですが、先ず前後の車高を決め、指でフロントスプリングを縮めながら自作カラーをはめ込みます。(このカラーの厚さは目安として、1Gを掛けた際にダンパーが縮まないくらいが適切です)

次に左右どちらかのシャーシ下(Sunnyの場合はサスアームの付け根あたり)に車高ゲージを入れて車高を計ります。この際、仮に車高が5mmとしてリバウンドが3mm欲しい場合は、5mm+3mm=8mmになるまでツイックスクリューを回し、これを左右交互に行い、同じ数値になるまで繰り返します。

最後にワイヤーを引っ張りカラーを抜けばリバウンド量は3mmになっていると思うので、リアも同様に行えば終了です!


この調整方法はその昔GPをやっていた頃、クラッチベル調整時にクリアランスがなくなるまでシムをいれ、合わせたいクリアランス分のシムを抜くといった調整方法をとっていたので、その名残からかな...


簡単な加工&調整方法なので、是非試してみてください。