About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

先日、某カーペットコースに行ってきました。

前回までに行ったセットアップにより、ポジキャン仕様のセット出しと操縦方法は大体把握できたので今回はボディーとNewモーターのテストです。

まず、セットはそのまま、HPI ソアラのボディーを載せてスタート。

う~ん、普段好んで使用しているHPI AE86に比べるともの凄くマッタリ走るな...少々雑なスロットルワークで直線3発振っても全然へっちゃら、インフィールドもブンブン振り回せるので楽に操縦ができます。

でも、あんまり楽過ぎて少し物足りないかな...AE86はその気難しさから操縦してる!って感じが強いけど、このソアラはボディ形状からかダイレクト感が薄く、シビアなセット出しをしなくとも普通に走ってしまう、人に優しいボディ! っといった印象ですね(笑

その後、マッタリと数パック走行し、次はNewモーターのテストです。






Sunnyの場合はブラシレスモーターよりもスロットル&ブレーキタッチが好みなことから未だにブラシモーターを使用していますが、今回はLUNA製のブラシモーター12Tから14Tに変更し、好みのパワー感を探ってみます。

セットとボディはそのまま、モーターのみを交換して早速コースイン。

おっ! 12Tよりも低回転域のトルクがありスロットルのツキが良く、積極的な挙動変化を行えます。でも、高回転域の頭打ちが早いので延びが無く、ちょっと迫力に欠けるかな...これはコースレイアウトによって使い分けると良いかもですね。カウンタードリのセットアップにはプロポやアンプの設定も大事だけれど、個人的にはモーターのフィーリングもかなり影響すると思っています。

と、ここでセットはそのまま、ボディーをフェイバリットのHPI AE86に交換して走行してみます。

お~! これは実車でいうメカチューンの86に乗っているような感覚に近いです!! なんというか、車重の軽い車にトルクフルなエンジンを載せ、パキパキと操っている感覚がGooood!! まさに、86ならではの動きでした!!!

ラジコンはその動きからオモチャっぽい感じが抜けきらないけれど、セットや操縦の仕方で実車に近づけることが出来るので、これからもそんな方向性でやっていきたいと思いま~す。

いや~、なんだか昔86に乗っていた時のことを思い出すな~。週末、仕事終わったら速攻で椿峠。朝まで走ってそのまま仕事のルーティーン(笑

また、いつの日か走りたいな...