About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

昨日、M3とRCサーキット ドクターに行ってきました。

この頃、HPI製ソアラばかり使用していたので、今回は久しぶりにハチロクでの参戦です。




前回走行した際に+170%のカウンターギヤを破損してしまったので、自宅にて+186%の加工ギヤを作製していったんだけど、初心に戻る良い機会なのでカキ率はそのまま(+148%)でモアカウンターを求めてみようと思います。

セットを変更したのは2カ所で、先ずは普段履き慣れているヨコモ製R2から、エッジの効いたポリカ製タイヤに交換。過度なスキッド+キャスター(18°)を付けてポジキャン仕様にしているためにフロントがノー感じになっているのでレスポンスを上げるためです。

次にフロントキャンバー0.5°を4°に変更。これは足回りのジオメトリー変化を有効に使う目的で行いました。

さて、コースインして様子を見ますが、これが思惑通りバッチリ嵌ってガッツリとカウンターが当たっています! 見せ場のギャラリーコーナーも飛び込みから奥までスロットル全開でクリヤーできて気持ち良い~!! 三発も大振り小振りで余裕だし、ボールデフの調整も毎回きっちりと調整しているので細かいセクションでのノーズの入りもベリ~グッドです!!!

M3との追走時も先行、後追い共に全くノープロブレムで+180%位の車と同等なカウンターが当てられることを確認。スロットルを全開に握ってどこまでも伸ばす感覚は久しぶりに味わいました。

でも、これというのもRC ドクターの路面がモノ凄く良く滑り、フェイバリットであるボールデフとうまくマッチしたからこそ成し得た走行感で、実際に店内のエアコンが切られ湿気でムンムンとなり路面が喰ってくると途端にバランスを崩します...対策としてデフを締めこむことになるんだけど、角度が浅くなってしまうのと前カキな車に変貌してしまうのはカキ率が少ないのでしょうがないのかな...う~ん、エアコン恐るべし(切らないで~pls

と、気が付けば閉店の時間。結局、用意していった+186%の加工ギヤは使わずに最後まで走りきっちゃいました。






カキ率を上げないでカウンター量を稼ぐ...か。


ピンで条件が揃わないとなかなか難しいけれど、もう少し詰めてやってみようかな。




追記:動画UP

RCドクター オーナー様、いつも撮影ご苦労さまで~す!