About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

いままで、PIC12Fシリーズ(8Pin)を使用して様々な点滅パターンの解析を繰り返してきたんだけど、最近はちょっと浮気して、PIC16Fシリーズ(40Pin)を使用しての制御テストを行っています。




まず、ベーク基板を使いチャチャッと回路を組んでみたんだけど、こ・れ・は~デ、デカっ(笑

8Pinを使いどれだけ小さくできるかをコンセプトにやってきたので、さすがに40Pinの迫力にはしばし唖然です(^^;


え~っと、取り敢えずは40Pinのうち32Pinを使用しPinごとにLED(32発)を接続。機械的な点滅はライブラリとかBit演算を利用すれば簡単にできるけど、それではツマラナイので、Pin毎の単独制御に挑戦してみることに。


ん?あれ?!


う~ん、全然普通に動いちゃうんだな~、これが。

で、その後にWEB上の動画で見るような様々な点滅パターンを書いてみたけど、PIC12Fシリーズで慣れてるせいか、意外とあっけなかったというのが感想。

こうなると、LED32発では物足りなくなっちゃうな~

PIC16Fを1個でLED32発ということは、PICが4個だとLED128発の単独制御か...これをまたPICで制御するとか面白そ...ゴニョゴニョ(笑