About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

昨日、息子と2人でTransformers 'Dark of the Moon' 邦題「トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン」の3D版を観に行ってきました。

なんといっても今作はトランスフォーマーシリーズの完結編、また3D撮影はあのアバター(ジェームス・キャメロン監督)のスタッフ達を借り受け、万全の体制で挑んだとマイケル・ベイ監督が熱く語っていたのでワクワクドキドキです!




今回は久しぶりに電車での移動で目指すは「ワーナー・マイカル・シネマズ 海老名」、現地に到着後、予めWEB上から予約してあったチケットを発券してもらいます。これはワーナー・マイカルのオンラインチケット「e席リザーブ」というサービスで、映画ファンなら誰もが思う「あの席で観れたらよかったな...」を解消してくれる画期的なシステムです! そんなSunnyがいつも予約する席は決まっていて、通路を挟んで段になっている上側、前に鉄柵があるので足を投げ出して観れるベスト?ポジションだったりします。

さて、上映時間も間近に迫り、定番の塩バターのたっぷりかかったポップコーンLサイズと生ビールを買い込んで入場。ここで3Dメガネを渡されますが、ワーナーマイカル系は「REAL D」を採用しているようです。REAL Dのフレームレートは144Hz、光を2方向に円偏光し72コマ/秒の情報が左右の各眼球に見えるとありますが、やはりフレームレートが高いためかちらつきなどは皆無で、も~飛び出る飛び出る! 破壊シーンなどでは間近まで破片が飛んでくるので避けるのに苦労しました(爆

オープニングが終わり、上映開始~。と、あれれ?! シリーズ1,2で地球を2回も救ったヒーロー主人公のサムがまさかの就職難。さらにウケたのは愛車だったシボレー・カマロ(バンブルビー)から、なんと日産の○10! になっていたのには思わずうお~!と唸ってしまった...う~ん、かなり通好みだ~(○は各自で確認してくださいです)

そして、今回キーパーソンとなるニューキャラクターのオートボット元司令官センチネルプライムが登場し物語が進行していく訳ですが、人間と共存、それとも征服かでオプテイマスプライムと揉めることになります...また、オートボット達の敵ディセプティコンのリーダーであるメガトロンの存在も絡んできてラスト1時間の戦闘シーンは超必見です!

また、シリーズ1,2でサムの恋人役ミカエラ(ミーガン・フォックス)に代わり、今回登場した新しい恋人役キャリー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)の美貌もさることながら、ラストシーンでの行動はこの物語の重要な要素になっていたりと、CGだけではなくキャストの使い方が非常に上手いな~と思ったのが印象的でした。

この映画はその昔、超合金人形などで遊んだことのあるナウなアダルト(笑)から子供まで幅広く楽しめる作品なので、是非映画館に足を運び、世界中で絶賛されている3Dの臨場感を味わってみてください!
1号機 TC3 ポジキャン&ケツノリ仕様のカウンターギア(リア用)を作製しました!




なんといっても、Sunnyの車はドMなポジキャン&ケツノリ仕様、カーペット路面+比較的小規模なコースレイアウトのサーキットを走行する場合は魅せるカウンターが当たり辛く、Max+200%位のカキ率は欲しな~と思っていたところ、流用できそうな33Tのギアを発見! 早速加工して装着してみました。


- リア用ギア 組合せ -

ノーマル二次減速比(F.R):2.5

33-20T 1.65 ←今回加工分
36-20T 1.80
33-16T 2.06
36-16T 2.25


これにより痒いところに手が届いたので、どんな走りになるか大いに期待したいところです!
先日、M3&E3とRCサーキットDr. ドクターに行ってきました。
噂ではメチャ滑るとのことなので、レジャランのセットがどこまで通用するか楽しみです!

到着すると何処かで見た写真そのままのオーナーさんが出迎えてくれました。店内を見渡すと、ウホホ...趣味のモノでいっぱいだ~。なんだか自分の部屋のように落ち着くのは気のせいかな(笑

早速、バッテリーを装着し、まずはヨコモR2タイヤで様子見です。お~滑る滑る! が、リアが止まらない...滑りすぎて車が重く、思うように動かせません。でも、喰っている路面よりは断然良いので、セットはそのままお手々を慣らすことに集中します。

徐々にコースにも慣れ、こんな感じかな~っと思っていたところM3が「ここオリジナルの金タイヤを試してみて~」とオーナーさんからタイヤを借りてくれました。見るとポリカ製のようだけど、う~ん、どうなんだろう...

と、心配とは裏腹にこれがまた良い感じに車が前に出るので若干止めやすくなりました。また、R2よりも軽いのでレスポンスがすこぶる良いです。これでフロントも入るようになったけど、若干飛距離は落ちちゃったみたい...でも、走行ラインとスロットル操作でなんとかなりそうなので、今度は追走を試してみます。




NOTE:ギヤ破損のトラブル(泣) +150%での走行



バッテリーを入れ替えてコースイン。うんうん、良い感じだぞ~。タメも利くし速度もちょうど良いみたいなのでM3&E3と連ドリ開始です。コースレイアウトはエビス峠風、S字を立ち上り、見せ場になっているギャラリーコーナーは思いっきりバキーンと振って飛ばしたいところ。

でも、若干コーナーの幅が狭いうえ奥が長く、迫力を出すにはピンで攻めないといけない玄人好みな設定なので、先頭を走行する時はかなり神経を使いますね。逆に後追いの場合は前者に合わせて懐に飛び込みワンアクション入れられるほど楽になるようです。

次はショートストレートの3発振りが待ち受けていて、レジャランの走行ラインのように道幅いっぱいを使って大振りするラインが好みなんだけど、連ドリの場合はどうしても浅めの3発になっちゃうのかな...でも、浅めの場合は車速が乗り、奥のバンクに向けて3発目をパキ~ンと振れるので、これはこれで格好良いみたいです。

連ドリの場合、単走と違ってどのコーナーもダラ~っと同じ車速になってしまいがちだけど、加速するところはきちんと加速、飛ばすところはバキーンと飛ばすなど、緩急を付けた魅せるドリフトをするにはラインの選択、またセットや腕がシンクロしないとできないので、自分自身まだまだやる事が山積みですね...

その後、ワイワイガヤガヤと他のお客さんを交えて数パック走行、ん?ちょっと喰いはじめたかな...なので、ピットに戻りヨコモR2に履き替えます。コースインしてみると、喰いが解消され程よく滑るのでドリフトアングルの調整に幅が出るようになり走行し易くなりました。

やはり、ラジドリのセッティングはタイヤ選択がかなりのウエイトを占めているので、タイヤ縛りをされてしまうと細かなグリップの調整ができないので、なるべくタイヤ縛りは無しの方向が有り難いです...

と気が付けば閉店時間。結局、最後までセットは弄らずにタイヤのみの変更で走りきったので、やはりレジャランのセットは他でも応用が効くんだな~っと再確認。また、久しぶりに味わったチュルンチュルン路面と幅狭の緊張感は良い意味で刺激になりました!




Special Thanks,


M3&E3
オーナー3
常連3達
いつものようにRC関係のWEBを徘徊していたところ、ふっと目にとまった画像が凄いことになっています...タミヤTTー01を使用したNASCARのパイプフレーム仕様なのですが、いや~、これは以前に紹介したハチロクよりもインパクトがありますね~




なんと、ボディもフルスクラッチ! それもFRP製!! も~、恐れ入ります!!!




国内外を問わずに多くのビルダーが存在しますが、サスペンション形状から選択したと思われるシャーシ選択などツボを押さえた作りは見事に嵌りました~

是非、次回作も見てみたいものです!
これは凄い!

見事にバックファイヤーしちゃってますね!!






このシステムを搭載するとリアヘビーになって走行し辛そうだけど、ビジュアル的にはかなりキテますね!!!
昨日、レジャーランド厚木に行ってきました。

到着すると、既になにやらセット中のShin5クンを発見。挨拶後、早速受付を済ませ準備に入ります。それにしても久しぶりだな~、大会志向の競技車両とのことなのでどんな動きをするのか楽しみです。

軽く最近のラジドリ事情を談義し早速追走開始~。う~ん、ちょっと速度が合わないかな...。一応2段階くらい喰うタイヤは用意してきたんだけど、Sunnyが合わせちゃうとTC3はトラクションが高いので追走と言うよりも追いかけっこになりそうだったので、手持ちにヨコモR2を貸してあげることにしました。しか~し、なんとこれがバリ喰いとのこと...最後にShin5クン手持ちのゼロワンのサイドゴム削り装着したところ、なんとか合わせられるレベルになったので使用タイヤは決定です。

まず、Sunnyが先頭、Shin5クンが後追いで追走してみます。おっ! 速度は良い感じだな...しかし、Sunny車はマッタリと漂っている感が強いので合わせ辛そう。聞くと、スロットルを開けるポイントが全然違うとのことなので、ラインをタイトにしたり、速度を気にしながら妥協点を探したところ、なんとか形になり一安心。よしよしと、今度は前後入れ替えてやってみたところ、今度は逆にラインがタイト過ぎなので、タメて伸ばして張り付くことができずに走り辛い...(泣) でも、流石大会に出ていることだけあって、歯痒いところを即座に修正してくれ徐々に楽しい追走になっていきました。

ここで一息ついたので、以前から興味バリバリだったシャーシをちょっと借りて走行してみることにします。ふんふん、なるほどx2...Sunnyの車とは全く正反対な乗り味かな。ベルト車でフロントモーターということもあり、なんといってもとってもスムーズ(笑) レジャラン名物ストレート3発もタメて飛ばすことはできないものの、パンパンパーンと振ることを心がければ問題ないみたいです。まぁ、Sunnyみたいにマタ~リ志向でケツノリ&ポジキャン、挙げ句の果てにボールデフなんてドM(爆)な車とは違って競技に勝つためにはこういった仕上げになるんだな~って改めて勉強になりましたよ。(Arigatou, Shin5クン!)

と、ここでドM仲間なT3の登場です。この方もガンコ一鉄ケツノリ仕様推奨派の一人で、周りの友達に揉まれながらセットを出し続けている貴重な存在です。なにか予感がしたので準備しているところを覗くと、そこにはパル製AE86 N2-LEVIN をザクカラーにした痛車が!!!!! お~、格好良いな~~、ザクカラーでしかも外塗りだ~~~。う~ん、これにはマジ嵌った...ほんとストライクもいいところ。(T3流石です!)

そして、もっとビックリしたのはこのシャーシの乗り味! ケツノリのまさに進化系、4WDなのに2WDでドリフトしているような感覚!! これはもうドMを超えて超ドMx3みたいな!!! Sunnyも自分自身でかなりのケツノリ野郎だと思っていたけれど、これからはBOSSと呼ばせて頂きますです。ハイ(笑

この後、3人でワイワイガヤガヤと追走三味。いや~、楽しかった~!







今度はそちらに出向きますので、その時は追走のほど宜しくお願いしま~す。
先月、米国コロラド州パイクスピークで開催された『第89回 パイクスピークインターナショナルヒルクライム」のアンリミテッドクラスに出場したモンスター田嶋選手の『GoPro』による車載映像です。

車はスズキ『SX4』をベースにした3.1リットルV型6気筒(ターボx2)、最大出力910psの「SX4ヒルクライムスペシャル」を駆り、自身の持つコースレコード10分01秒408を破る9分51秒278を叩きだし、6連覇を達成しました!







そうそう、Sunnyはその昔ダートラをかじていた時があり、何回か丸和オートランドのオールスター・ダートトライアルを観戦しにいったことがあるんですね。そん時はMR2を駆る国政久郎選手の応援部隊だったんだけど、田嶋選手は速いのもさることながら使用車両と共に存在感あり過ぎ~、また出走時にかかるピンク・レディーの「モンスター」にはかなりウケた記憶があるな~

そして現在、かなり時が経っているのにも関わらず、なんと未だ現役!で、あのパイクスピークを前人未踏の6連覇達成!!なによりも、ここへ来てコースレコード更新とはスゴいの一言です!!!



た、ただのモンスターじゃなかったんだな...(爆
巷ではOTA-R31にソックリな事と超安価で購入できることから、某海外サイトのTEH-R31が話題になっています。う~ん、いくら円高とはいえ、Kit単体がうん千円! カーボンアップグレードパーツもこれまたうん千円で購入できることから人気の高さが伺えますね。




でへへ...久しぶりに摘んで...で、でも、ちょっと待てよ...2号機 TA05とボディ数枚、それと有り余るパーツ群が...これは流石にもったいないお化けが出てきて説教されるな~

なんとかして、お化けを封じ込めなくては(笑
今月の7.16(土)~7.17(日)に宮城県仙台市勾当台公園にて『東北六魂祭』が開催されます!

今回の祭は復興に向けての意味合いも込め、気合いの入り方はハンパではなく、「仙台七夕まつり」「青森ねぶた祭」「秋田竿灯まつり」の東北3大祭りに加え、「盛岡さんさ踊り」「山形花笠まつり」「福島わらじまつり」が加わり、各県を代表する6大祭りが大集結!!

東北のパワーをひしひしと感じるものとなっています!!!









がんばれ~東北!!!!!!!!!!
昨日、レジャーランド厚木に行ってきました。




到着すると既にM3(a)がスタンバっていたので、サッと支度をして即追走に入ります。

お~、今回は路面が程よく滑るので良い感じ。まぁ、好みによるとは思うけど、喰ってる路面でのドリフトは追走時の絡んでいる姿がイマイチだから、やっぱり滑る路面のほうが好きだな~

そして、いつものようにビタビタの追走後、ピットに戻り小休止。

すると、なにやらM3(a)が 「このタイヤはR2よりも良い感じなので使ってみて!」 と謎のタイヤを貸してくれました。う~ん、見た感じはポリカ製タイヤのようだけど、いままで良い思いがないな...TC3はもともとケツが喰い気味なのでタイヤチョイスが難しいのです。

しかし、コースインして僅か1週目、おお! これは~! それはもうハッキリと分かるほど、カウンター量が増えている!! また、タイヤ自体が軽いのでスロットルレスポンス抜群~。現在のラジドリタイヤの状況って乱立し過ぎでいったいどれが良いんだか???って感じだけど、あるんだな~こんなにしっくりくるタイヤが...これはM3(a)に感謝です!!! (thx)

と、そこにTクン登場。よ~し、久しぶりにトリオで3WIDEだ~(笑

ビッタビタ追走の始まりだけど、端から見ると明らかに車が重なって見えるので、ガツガツぶつけて走行しているように思うけど、この3人は引きどころをわきまえているので、ぶつかっているようでぶつかってないんだな~これが。それにいつものごとく、M3(a)がギャグを連発しながら車を寄せてくるので、笑いすぎて脇腹痛いの我慢しながら操作しなくてはならないので大変でした(笑


いやいや、こんな調子で何パック走行したかな~、楽しかった楽しかった!

やはり、ラジドリは帰宅して腹筋が痛いのに気付く(爆)くらいが面白いっす。

2人とも~ 楽しい時間をアリガトね~ また宜しく~!