About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

現在も進行中のPICを使ったラジドリ用電飾だけど、今回はハイパワーLED化とスイッチの取り付けです!




使用したLEDバルブは日亜製NSDW570GS-K1、なんとMAX70mAといった化け物級のLEDで通常出回っている20mAのモノとは訳が違います。取りあえず、PICからは20mA程度しか流せないのでトランジスタを使い、チャチャッとMAX60mA流せるように回路を組み電源オ~ン!


すると?!

目、目が...(涙


やはり、以前使用していた25,000mcdのモノとは全く違った明るさで、誤って直視してしまった時の涙の量が違います...(爆) でも、これなら確実に目立つこと請け合いなので量産しよっと。


次は回路に1個のタクトスイッチを追加。スイッチはGP3(PIN)に接続しピン変化を利用した割り込みを使いました。プログラムはC言語を使って試行錯誤しながらなんとか完成。ON&OFF、またスイッチの長押しで点滅プログラムが切り替わるようにしてみました。

う~ん、スイッチ1個で全ての動作をこなすプログラムはなかなかキタ...けれど、この目立ち度具合は満足で~す。



と、その後、実際にボディに搭載して試してみたくなったので試作基盤を作製。早速ボディに載せてスイッチON...


あ~~、目、目、目が~~(笑
いやいや、世の中にはまだまだ凄んごいビルダーがいるものです...な、なんと、トタン板を板金! パテ修正の繰り返しで仕上げられた日産ブルーバードU P610のフルスクラッチボディです。



うお~! カッコいい~!! ポリカとは全く違うシャープなエッジがめちゃキテますね。もうサイドラインなんか惚れ惚れするな~。特にお気に入りなフロントマスクは実車そのまんまのリアルクオリティで素晴らしいの一言です!!!


う~ん、それにしてもトタン板を板金してボディを作るなんて発想は無かったな...


でも、鉄板じゃなきゃこんなに良い味はでないので、それを見抜いた作者はタダものではない...きっと...っていうか、次の作品も凄いことになっているのを発見してしまった(凄っ


Link: 朝日川重工業株弐会社
海外の車系サイトで見つけた1枚の写真なんだけど...




ahahahha-センスあるな~(^^
最近、直接頼まれることが多いラジドリ用の電飾だけど、やはりPICを使用した方が点滅パターンに味がでますね!




今回はPICに12F683を使用、基盤を使わない最小構成で組んでみました。これは既存の電飾にプラスで追加するためのモノで、常時点灯とアフターファイヤーを省いた'Flasher'のみの特注です。しかも、8PinのICソケットを使用しているスペシャル版!チップの交換ができ、違ったFlasherパターンを選択できるのでいろいろと電飾が楽しめちゃいます!!

なんといっても、ラジドリは目立ったほうが格好良いですもんね~!!!
うん十年前、子供の頃に良く作った紙飛行機。友達と飛距離比べで勝つとちょっと鼻高だった思い出があります(笑

それが時を超え2011年にもなると、紙飛行機に超小型モーターが搭載できちゃうんだから驚きですね!








単三電池三本で充電できるようだけど、充電器のフレアーパターンがイカすな!



umm~なんとも、のほほんな気分になりますね~
頼まれモノのラジドリ用電飾作製です。

今回は安価でという要望だったのでPICを使わずに安価な百均の安全ライトを使用しました。




手持ちが無かったので久々に百均へ出向きお目当ての安全ライトを購入。

自宅に帰り、早速バラしたところ、ん?!以前のモノより基盤が小さいぞっと...大丈夫かな...

で、チャチャっと抵抗&LEDを半田付けし完成後1時間ほど点滅させっぱなしで放っておいたけど、大丈夫だったので耐久性もあるかと思います。


次回は好きな点滅パターンをプログラムしちゃうので是非PICでいきましょうね~!!!
WRAP-UP NEXTさんから新発売のDECO NUTです。

お~! 格好良い~!! 有るようで無かった、痒いところに手が届く商品ですね~!!!




DECOナット スターターセット(7075アルミ削り出し/深堀りセレート加工)

全六色:ブラック、ガンメタリック、シルバー、ゴールド、レッド、ブルー

4個入り 専用工具付 予価1449円(税込)



11月中旬に発売予定だそうです。