About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

先日、愛機TC3に組込んだドリパケ用FCDの耐久テストをしにレジャーランド厚木に行ってきました。

今回は珍しくボディをハチロクから'MONSTER ENERGY'SOARERに載せ替えたので、ギアの耐久性も含め、どれくらいのスピード域までもっていけるかとっても楽しみです!



到着すると既にOi3がスタンバっていたので早速コースイン。路面は前回と変わらずヘビーウェット(笑)

おっ!前回のままのセッティングにしては良く走るんだけど、なんかいまいちピンとこないな~。ハチロクと比べて空力もそうだけど、電飾やら何やらでボディ重量があるせいか挙動が重たい感じ。でも、お手々で何とかなりそうなのでセットとタイヤはそのまま走行することにします。

首を傾げながら走行(笑)しているとOi3がコースインしてきたので、Sunnyが前走車、後追いOi3の追走開始~

前走車なので仮想ラインをトレースし、フロントタイヤをコロコロ転がしながら追走しやすい速度を探すも、後追いのOi3がちょっと走行し辛そう...なので、タイヤの限界まで少しずつ速度を上げていったんだけど、まだ足りないようなので、ピットの戻ってタイヤを履き替えて再びコースイン!

よ~し、今度は良いかな。このタイヤがビンゴのようで、Oi3も気持ちよさそうに走行してます(^^

ここで、周回を重ねるごとに追走が様になってきたので徐々にスピードを上げ、タイヤの限界まで速度を上げてみたんだけど、いや~もうメチャ速いっす(^^;

ぶっちゃけ、さらに喰うタイヤを履いてなりふり構わずイケイケになればモアスピードも可能だけれど、ある程度のスピード域を超えると、なんて言うか追走ではなくて追いかけっこに見えちゃうし、動きがネズミのおもちゃっぽくなっちゃうやらで...やっぱり、追走は抜刺しで魅せるドリフトのほうが格好よいもんな~

それに、この速度域だとSunnyがいつも気にしてる、リアを回すのではなく、コーナーに対してフロントを先に突き指すドリフトやRのきついコーナーでも絶対にカウンターを戻さないといった操作がカツカツ領域に達してしまい、気がつくと目が三角になってる自分がいて恥ずかしいっす(爆

でも、基本的な仮想ラインのトレースと『溜め』や『止め』、3発振りをあえて1発!といったこともできるので操作性は悪くはないんだよな...これはこれとして引き出しに仕舞っておくことにしよっと。



その後、ピットにてOi3と追走スピードについて深いい談義。

速い車を作っても、基本的な『溜め&止め』ができないと、いろいろな意味でラジドリの面白さが半減してしまう!といった共通な意見が印象的でした。


そして、恒例の「タカさ~ん、チェック!!」じゃなくて、撮影タイム~




いやいや、久しぶりにエキサイトしたのでレジャラン3時間パックはあっという間でしたyo!



Oi3~また、ヨロシクお願いしま~す(^.^