About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

先日、頼まれモノを渡しついでにレジャーランド厚木に行ってきました。

持って行ったのは、完成ホヤホヤの弌號機TC3'ROCK STAR'仕様です!




到着してみると、誰も居なくてガランガラン状態...受付を済ませ早速コースイン。
路面の状態はいつもよりはチョビ喰い程度なので、タイヤ&セット共に変更せず10分間ほどお手々慣らし。いつものように問題なく良い挙動なのでセットは終了~(^.^

ピットインし暇なのでスマホを弄っていると、ここでOi3の登場。

このところ、会うたびに勧めた甲斐あってか、なんでも最近ワンウェイからボールデフに変更したとのこと。

「追走が楽になって、凄んごく良いよ~」

と聞いてはいたんだけど、実際どんな感じか興味津々なので貸して貰い走行してみることに。

おっ!なかなか良い感じなんだけど、ちょっとだけフロントの回頭性が気になるかな...聞いてみるとワンウェイセットのままのようなので、ピットに戻ってSunnyなりのテイストを注入し再びコースイン。これがドンピシャみたいで、見違えるようにフロントがグイグイ入り込むようになったのと、 カウンター量が増えた~!!!

まぁ、大したことはしてないんだけど、思うにカウンタードリの場合、カキ率にもよるけどワンウェイ装着車は機敏すぎる回頭性をある程度ダルにしないと指がついていけないほどジャジャ馬になってしまいがち。

その特性からスロットル操作が難しいけど完全に抜かないで転がせるなら、Rの大小様々なコーナーに対してスロットルの入れ方(ブレーキも含む)にメリハリを効かせなくともカウンターを当てきることができちゃうんだよね...これは無駄なく速いけど、Sunny的には人が一生懸命操作しているというよりもシャーシが勝っている感が強いのとフロント引っ張りの挙動が...

一方、ボールデフ装着車はスロットルを完全に抜いても(ブレーキも含む)車は安定してるんだけど、ワンウェイに比べて路面に左右され調整が難しいうえに初期回頭性が悪いといったデメリットがあるんだよな~。でも、ここ何年か頑なにボールデフに拘り研究した結果、セッティングによってこのデメリットの克服と俗に言うケツノリ感が出せるようになった。

要はワンウェイとは正反対にピクピクな性格を持たせておき、お手々でなんとかする!ってイレギュラーなセッティングなので万人ウケはしないんだけど、人間が操作した分以上は挙動に表われ辛く操作している感覚が強いので自己満足度はメチャ高いです(笑

まぁ、当の本人もご満悦の様子だし、挙動をジ~っと観察してると少しケツノリ感もでているのでOkayかな~(^^

もともと、Oi3は追走していても絶対にぶつけないスキルを持っているので、今回のボールデフ装着によりラジドリのさらなる楽しさが開けたのではないかと思うと嬉しい限りです!



今回は早めの帰宅になってしまったのであまり絡めなかったけど、次回はボールデフ同士でガッツリとお願いしま~す。