About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

前回、完成した流行の足回りを弌號機TC3に装着してポジキャンの調整中です(^^




過度なポジキャンではなく、実際に良く使うカウンターの角度で1番格好が良く見えるようにポジキャン度を決めてるんだけど、この'MONSTER ENERGY SOARER'ボディだとホイールオフセットの関係からこれくらいが限度かな~


あっ!? もっとトレッドが狭い190mm幅以下のボディにしてオフセット0~4mmくらいのホイールにしたらどうなんだろうか...もう少しえげつなくグワシってタイヤがはみ出すのかな...試してみっと。
弌號機TC3のボディ'MONSTER ENARGY SOARER'に装着されているロールゲージの補修を行いました。




なんせ材料は百均ストローなのでフニャフニャ...軽量化にはなるけれど、耐久性に欠けるのが玉に瑕...なので、一旦バラしてからシューグーを注入、再度瞬間接着剤と硬化剤を使って組み付け、あまりにも凸凹しているところはルーターで削ってからエポキシパテで成型しました。

乾燥後、軽くサーフェイサーを吹いてから、上塗りのスライムグリーンを2回吹いて完成!


よ~し、今度は耐クラッシュ性ありそうだぞっと(^^
弎號機TC4を流行の足回りにしようと、あ~じゃないこ~じゃないって弄ってるんだけど、なんとか形になったかな...



前回、どうにもロアサスアームにショック取り付けることが出来なくてどうしようか迷ってたんだけど、ラジコン部品がゴチャゴチャ入っているBOXを探していたら、ちょうど良さそうなサスアームがあったので加工開始~

寸法を詰めるためにルーターで大まかに切ったあとバイスに咬まして垂直を出し、ダイヤモンドヤスリで削ること○回...ノギスと睨めっこしながら納得いくまで繰り返したので、精度はなんとかコンマ1未満にすることができた...で、削った面が角張って格好が悪いので面取り加工をして終了。


早速組んでみると

「お~っ! 純正っぽくて良い感じだだぞ~!」

「肝心なポジり具合もなっかなかGooooooooood!!」


先に、ちょっとTC3に装着してテストしてみよっと。
先日、レジャーランド厚木にて弌號機TC3のタイヤテストを行いました。



到着すると相変わらずチョリンチョリンな超ヘビーウェット状態な路面...M専TC3はシャバシャバボールデフのケツノリ仕様になっていてワンウェイ車のようにあまりフロントを引っ張ってくれないので、リア荷重のままフロントタイヤをコロコロ転がせないとカウンターが当て辛く、ステアリング中立付近での操作が多くなりがちになってしまします。

で、数種類のタイヤを試してみたんだけど、路面ミューが低いためかフロントタイヤのショルダー部が緩くラウンドしてるタイヤは掛かりが悪く肝心なカウンターが薄くなってしまう傾向のようで、反対に少しエッジが立っているほうがカウンターを当て易い模様。

でも、フロントタイヤを無理なく転がせるくらいの面圧が掛けられる路面ミューならば、ラウンドしていようがエッジが立ってようが関係ないといった結果になっていたと思うので、このタイヤはチョリンチョリン路面専用かな。



そうこうしていると、Oi3とIno3が登場!で、早速追走三昧と撮影大会っと。




追走楽しかったですyo!



また、ヨロシクお願いしま~す(^^

先日、愛機TC3に組込んだドリパケ用FCDの耐久テストをしにレジャーランド厚木に行ってきました。

今回は珍しくボディをハチロクから'MONSTER ENERGY'SOARERに載せ替えたので、ギアの耐久性も含め、どれくらいのスピード域までもっていけるかとっても楽しみです!



到着すると既にOi3がスタンバっていたので早速コースイン。路面は前回と変わらずヘビーウェット(笑)

おっ!前回のままのセッティングにしては良く走るんだけど、なんかいまいちピンとこないな~。ハチロクと比べて空力もそうだけど、電飾やら何やらでボディ重量があるせいか挙動が重たい感じ。でも、お手々で何とかなりそうなのでセットとタイヤはそのまま走行することにします。

首を傾げながら走行(笑)しているとOi3がコースインしてきたので、Sunnyが前走車、後追いOi3の追走開始~

前走車なので仮想ラインをトレースし、フロントタイヤをコロコロ転がしながら追走しやすい速度を探すも、後追いのOi3がちょっと走行し辛そう...なので、タイヤの限界まで少しずつ速度を上げていったんだけど、まだ足りないようなので、ピットの戻ってタイヤを履き替えて再びコースイン!

よ~し、今度は良いかな。このタイヤがビンゴのようで、Oi3も気持ちよさそうに走行してます(^^

ここで、周回を重ねるごとに追走が様になってきたので徐々にスピードを上げ、タイヤの限界まで速度を上げてみたんだけど、いや~もうメチャ速いっす(^^;

ぶっちゃけ、さらに喰うタイヤを履いてなりふり構わずイケイケになればモアスピードも可能だけれど、ある程度のスピード域を超えると、なんて言うか追走ではなくて追いかけっこに見えちゃうし、動きがネズミのおもちゃっぽくなっちゃうやらで...やっぱり、追走は抜刺しで魅せるドリフトのほうが格好よいもんな~

それに、この速度域だとSunnyがいつも気にしてる、リアを回すのではなく、コーナーに対してフロントを先に突き指すドリフトやRのきついコーナーでも絶対にカウンターを戻さないといった操作がカツカツ領域に達してしまい、気がつくと目が三角になってる自分がいて恥ずかしいっす(爆

でも、基本的な仮想ラインのトレースと『溜め』や『止め』、3発振りをあえて1発!といったこともできるので操作性は悪くはないんだよな...これはこれとして引き出しに仕舞っておくことにしよっと。



その後、ピットにてOi3と追走スピードについて深いい談義。

速い車を作っても、基本的な『溜め&止め』ができないと、いろいろな意味でラジドリの面白さが半減してしまう!といった共通な意見が印象的でした。


そして、恒例の「タカさ~ん、チェック!!」じゃなくて、撮影タイム~




いやいや、久しぶりにエキサイトしたのでレジャラン3時間パックはあっという間でしたyo!



Oi3~また、ヨロシクお願いしま~す(^.^
現在、作製中のAssociated TC4だけど、今どきの足回りを取り入れるべく考察中です。



で、手持ちのパーツでチャチャっと組んでみたのが上の写真。


この足回りだと、スキッド角は0°のままキャスター角を20~30°位まで可変でき、またスクラブ半径も減らすことができるので、前回のようなポジキャンの乗り辛さは軽減されるかなっと...

しか~し、切れ角確保とかダンパー取付位置とか、まだまだ詰めなきゃならないところが山積みなのでもうちょっと時間が掛かりそう...でも、このあ~じゃないこ~じゃないってのがラジコンの楽しいところです(^^

先日、プロの方に依頼してあった愛機TC3のカウンターギアAssyが納品となりました!

今回の加工はちょっと大掛かりで、ハイパワー化にともない悲鳴を上げていた自作カウンターギアに変わり評判の良いドリパケ用のFCDを組込むべく、ソリッドアクスルとリアインプットシャフトをワンオフ作製といった荒技に...




お~っ!夢にまで見たドリパケ用FCDギアがノーマルのギアBOXに見事に収まってる~(^^



この後、シム調整を済ませてから実車用デフオイル(笑)をたっぷりと塗り、試走&耐久テストを実施。

う~ん、精度が抜群でギアの噛合いも絶妙! 自作ギアの時と違いスロットルをガッツガツ入れられるので戦闘力が大幅にUP、本来TC3が持っている加速力が甦えり嬉しい限りです!

また、なんといっても実車のギアトレーンのような軽い金属音をたてながら走行する様は、改めてTC3に惚れ直しちゃいましたyo!!



いやいや、Oi3~、有り難うございました!!!