About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

久しぶりな友人(Sin5クン)に誘われ、レジャーランド厚木での走行&撮影会です。

まだまだ電飾や細部のステッカーが未完成の、やっつけ感バリバリなROCK STAR仕様ハチロクを持って参上。




ちょっと早く到着してしまったようで、コースには誰一人おらずガラガラ状態...ボディのシェイクダウンだし、久しぶりなハチロクの挙動をみるにはちょうど良いかな。

早速、コースインするもチョリンチョリンさは相変わらずで、所々喰い方が違うといった路面状況のなか、インを攻めずにコース真ん中をゆっくりと数周してみての感想は~

「ボディが全くと言っていいほど、仕事をしてくれないョ...」(^^;

ここ最近、まったり挙動なHPIソアラばかり使っていたので人間がぬるくなっているのか、指がピクピクつりそうです...

これはちょっと流石に無理...と、ピットに戻ってデフを緩め、リアにスタビを入れ再びコースイン。おっ! 今度は良いかな~。セットはそのままで1パック走行したくらいには、なんとかお手々が言うことを聞いてくれるようになりました。



と、ここでSin5クンの登場。本当に久しぶりの再会なんだけど、もういきなりのボディ談義開始。

Sin5クンのボディはSunny的にどストライク!なNeed For Speed仕様のRX-8!!




お~っ! アメリカンチックなところがメチャいけてるよ~



で、お次は現在流行中のリンクサスの良いところ、悪いところをレクチャーしてもらい、実際に乗り心地はどうなのかと貸してもらって走行してみました。

むむ...なんかムズイぞ...肝心な路面自体がへんてこりん状態なので詳細はつかめなかったけど、路面とタイヤがマッチしているところでじっくりと走行させてみたかったかな。でも、ポジリフトは大幅に軽減され見ためはかなりイケてるので、それだけでもCooooolですね!



さぁ~て、尽きない話はさておき2台でランデブー走行していると、知り合いが続々と登場!

Oi3&Ino3、Nob3とお仲間達、その他の皆3やらで、ついさっきまでガラガラ状態だったのがいつのまにか操縦台は常に満席状態が続き大盛況~(レジャランで満席は久しぶりに見た...)

台数が多いのは大歓迎だけど、あんなにチョリンチョリンだった路面がみるみると上がってきて、ますますへんてこりんな路面に変貌したのと、追走していても明らかに馬が合わないのに無理してゴ~ンってのが複数回続いたのに無言だったのはwで驚いた(笑


その後はあっちでガブガブ、こっちで密談(笑)と、皆で楽しく有意義な時間を過ごせました~!


また、ヨロシクお願いしま~す(^.^)

只今、作製中のROCK STAR仕様のハチロクだけど、チューニングパーツメーカーのロゴで悩んでます...(^^;



umm...ダメだ...目がチカチカしてきた(笑




うぉ~、そんな時は大好きな'Face to Face'でも聴いてテンションUP~!





おっ! ライムグリーンは狙い通りで良い感じ(^^



で、このボディ作っている時に、聴いている曲はコレ





さぁ~て、久々にMDプリンター引っ張り出すかな~



My Favoritesなハチロク レビン用のNew!ボディを作製中です。

米国のエナジードリンク'ROCK STAR'のライムグリーンバージョンなんだけど、ん!?ライム色なんてあったっけ???



WEBで検索しても残念ながら存在しなかったんだけど、このBlogの配色や過去に作ったボディ'MONSTER ENARGY'に使っているようにライムグリーンが大好きなんで、まっいいか...


実在する車にとらわれず、もし自分が乗るならばコレ!みたいな感じで、スポンサーステッカーもかっちょ良く配置してみよっかな。


Sunnyはジャンルを問わずいろいろな曲を聴くけど、元祖'Punk Rock'といったら~、も~これコレ!




いや~、森やん! この曲は疲れた体に染みますわ~
弌號機TC3用にOi3にワンオフで作製して頂いた、ドリパケ用FCDが組みこめるカウンターギアAssy Ver.2のテストをしにレジャランに行ってきました。

自分的には以前にテスト済みのVer.1でも十分だったんだけど、さらに強靱な耐久性を持たせるためにわざわざVer.2を作製してくれるとは嬉しい限りです!




到着後、受付を済ませ早速コースイン。

お~っ、相変わらずの精度の良さからか異音は皆無! とっても滑らかなので車が良く転がるな~といった印象。

その後、ギアの当たりをだすためスロットル操作に緩急をつけながら60分程度走行したところ、全く無問題なので早々とテスト終了~

相変わらず、良い精度してますね(^^



と、1人ニヤニヤしながら走行していると製作者のOi3登場。

な、なんと、フロントインプットシャフト Ver.2を作ってきてくれました~!

このインプットシャフトを使うとTNレーシング製ドリパケ用カウンターギアを組込むことができて、最大でカキ率182%までもっていけます。しかし、現状の150%でも十分カウンターは当たるし、TC3特有のゴジラに蹴っ飛ばされたかのような加速も損なうことなくベストに近い状態なので、また次回にでもテストしてみようと思います。

さぁ、久しぶりにOi3と追走するも、あれ?フロントがなんかおかしいぞ...ピットに戻って調べてみると、あれれ...加工しているドッグボーンのピンが割れて抜けそうになっているではありませんか。

うはっ...スペアが無く終了かと思っていたところ、Oi3がヨコモ製で同じサイズのブツを差し出してくれたので御厚意に甘えて早速装着っと。その際、どうせならと思い、久しぶりにスチール製のボールデフも一緒に組んでみました。


装着後、早速コースインしてみるも...あはっ! なんじゃこれは~、更に車が転がるようになった~(^.^

もう、まさに目から鱗~、このレジャランのチョリンチョリン路面ではベストではないかと思うほど全域のコーナーが意のままで、う~ん、久しぶりに指にキターって感じ(笑

怪我の功名というかなんというか、アルミ製よりもスチール製のボールデフの方が自分の走りに合ってるみたいだな...メモメモっと。


よ~し、良い感じだぞ~ガッツリ追走追走~...あれれ...今度はOi3の車が調子悪いみたい...どうもベアリング系のトラブルの様子。で、一生懸命直したものの帰宅時間がきてしまいタイムオーバー、このまま終了となりました。



Oi3~、今回はいろいろと有り難うございました~!

次回はガッツリ絡みましょうね~