About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

流行なタブレット端末と言えばApple'iPad'やGoogle'Nexus7'が有名だけど、Sunnyの場合はAndroidを弄り倒したかったし、何かと分解しちゃったりして即文鎮化(笑)の恐れがあるので、教材として2ヶ月ほど前に原道N70双撃という中華パッドを購入しました。



この中華パッド、本体価格が1万円ちょっとなんだけど、なんのなんの! 以下のような堂々たるスペックをもっているので、かなりのポテンシャルがあります。


*---------------------------------------------------------------------------------------*

モデル名: 原道 N70双撃

CPU: ARM Cortex-A9、Rockchip RK3066 デュアルコア 1.6GHz
GPU: Mali-400 MP4
OS: Android 4.0.4 (ICS)
RAM: 1GB DDR3
NAND: 8GB/16GB
液晶: 7インチ 1024×600ドット IPSパネル、静電式 最大5点 マルチタッチ
Video: 1080P
GPS: なし
Bluetooth: なし
カメラ: 前面130万画素
Gセンサ: 搭載
Wi-Fi: 802.11 b/g/n
3G: なし
バッテリ: 3.7V 3700mAh
サイズ: 190(W)×116(H)×10.9(D)mm
重量: 314g
外部端子: MiniHDMI、MicroUSB (OTG)、microSDスロット、3.5mmイヤフォンジャック

*---------------------------------------------------------------------------------------*


肝心な使用感だけど、昔のような「安かろう悪かろう」みたいな感じはなく、いわゆるヌルサクだし、豊富とはいかないものの数種類のカスタムファームが存在しているので、弄り倒すにはコスパを含めてかなりオススメな一品ですね(^.^



と、褒めてばかりだけど、小さな不具合などは少なからず存在していて、特に気になるのがwifiの掴みの悪さ...部屋一つ違うとYoutubeがブツ切れ状態に...なので、殻割りしてwifiアンテナを改善してみました。

このために伸ばしておいた親指の爪(笑)を電源ボタンのところから押し込んで隙間をつくり、ボディー作製時に余ったポリカの切れ端を挿入してサクっと殻割り。




で、殻割りの写真なんだけど、えっ!?どこを改善したの???って声が聞こえてきそう。


調べてみると、どうやら写真下部の緑色基板に銀箔が接続されていて、それがアンテナの役割をしてる...マジか(^^;

さぁ、どうしようかな~、外部に出しちゃえば良いんだろうけど、格好悪くなっちゃうので暫く考えた末、元もと貼られていた銀箔よりも少し大きめ切ったアルミテープを貼り付けて本体電源のスイッチオン!


あれま...アンテナマークが1本増えました(笑


そうそう、その昔、学生の時にパーソナル無線が流行っていた時期があったんだよね。お金がないから感度の良いテンテン棒(アンテナ)買えなくて悩んでたところ、もしや?って思って、金属製のカーテンレールに接続してみたら感度が上がった~ってのと同じノリだなコリャ...なんだかな~


まぁ、材料はアルミ箔のみ、実際に感度は上がってブツ切れにならなくなったので、今回はコレで良しとしよう(爆


先日、頼まれモノを渡しついでにレジャーランド厚木に行ってきました。

持って行ったのは、完成ホヤホヤの弌號機TC3'ROCK STAR'仕様です!




到着してみると、誰も居なくてガランガラン状態...受付を済ませ早速コースイン。
路面の状態はいつもよりはチョビ喰い程度なので、タイヤ&セット共に変更せず10分間ほどお手々慣らし。いつものように問題なく良い挙動なのでセットは終了~(^.^

ピットインし暇なのでスマホを弄っていると、ここでOi3の登場。

このところ、会うたびに勧めた甲斐あってか、なんでも最近ワンウェイからボールデフに変更したとのこと。

「追走が楽になって、凄んごく良いよ~」

と聞いてはいたんだけど、実際どんな感じか興味津々なので貸して貰い走行してみることに。

おっ!なかなか良い感じなんだけど、ちょっとだけフロントの回頭性が気になるかな...聞いてみるとワンウェイセットのままのようなので、ピットに戻ってSunnyなりのテイストを注入し再びコースイン。これがドンピシャみたいで、見違えるようにフロントがグイグイ入り込むようになったのと、 カウンター量が増えた~!!!

まぁ、大したことはしてないんだけど、思うにカウンタードリの場合、カキ率にもよるけどワンウェイ装着車は機敏すぎる回頭性をある程度ダルにしないと指がついていけないほどジャジャ馬になってしまいがち。

その特性からスロットル操作が難しいけど完全に抜かないで転がせるなら、Rの大小様々なコーナーに対してスロットルの入れ方(ブレーキも含む)にメリハリを効かせなくともカウンターを当てきることができちゃうんだよね...これは無駄なく速いけど、Sunny的には人が一生懸命操作しているというよりもシャーシが勝っている感が強いのとフロント引っ張りの挙動が...

一方、ボールデフ装着車はスロットルを完全に抜いても(ブレーキも含む)車は安定してるんだけど、ワンウェイに比べて路面に左右され調整が難しいうえに初期回頭性が悪いといったデメリットがあるんだよな~。でも、ここ何年か頑なにボールデフに拘り研究した結果、セッティングによってこのデメリットの克服と俗に言うケツノリ感が出せるようになった。

要はワンウェイとは正反対にピクピクな性格を持たせておき、お手々でなんとかする!ってイレギュラーなセッティングなので万人ウケはしないんだけど、人間が操作した分以上は挙動に表われ辛く操作している感覚が強いので自己満足度はメチャ高いです(笑

まぁ、当の本人もご満悦の様子だし、挙動をジ~っと観察してると少しケツノリ感もでているのでOkayかな~(^^

もともと、Oi3は追走していても絶対にぶつけないスキルを持っているので、今回のボールデフ装着によりラジドリのさらなる楽しさが開けたのではないかと思うと嬉しい限りです!



今回は早めの帰宅になってしまったのであまり絡めなかったけど、次回はボールデフ同士でガッツリとお願いしま~す。



自作電飾とロールバーを取り付けて、ROCK STAR仕様のハチロクが完成しました!




電飾は'FLASHER SYSTEM'を使用、4種類の点滅パターンをスイッチにて切り替えできます。





さぁ~て、次は痛車かな!!!


スピードウェイパル製パナスポーツG7-C8Rのスポーク部分をペイントしました!



普通のブラックだと野暮ったいので、ROCK STAR仕様ハチロクの窓枠をペイントした時に使用した、ブラックに少しパールホワイトを混ぜたモノを使用してちょっとくすんだ感じに。

ガンメタリックまでいっちゃうと、足下が締まらなくなっちゃうし、ROCK STAR仕様ハチロクとMONSTER ENERGY仕様のソアラ2台で共有したいから、これ位の色加減で良いかなっと。


ROCK STAR仕様のハチロクに以前作製したストリートジャム製'龍上改'ホイールを装着してみました!



パルのパナスポーツG7-C8Rも良いけど、ストジャムの龍上もイケてる~

うんうん、このままグリップ仕様にしてリアル路線もアリかな...


ボディ: HPI製 AE86 LEVIN
エアロ: HPI製 RUN FREE(サイドステップは未装着)
ホイール: ストリートジャム製 龍上
デカール: データからおこして全て自作


いや~、でもこうやって写真撮りまくってると、やっぱハチロクって格好良いな~ってつくづく思う今日この頃です(^^/