About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu

秋もたけなわの好季節、ここんところ立て続けに映画館に通い詰めているSunnyがお薦めな『Pixels』っていう80年代のアーケードゲームとゲーマー達を題材にした作品。



おおまかなストーリーは1980年代、NASAが有効目的のために地球外生命体に向けて流行中のゲーム映像を送ったところ勘違いから逆に攻撃されることになっちゃう。宇宙人達はゲーム映像を元に『ギャラガ』『アルカノイド』『ドンキーコング』『パックマン』などのキャラクターを兵器として投入! 対抗として当時活躍していた最強オタクゲーマー達(アーケーダーズ)が迎え撃つといったもの。






もう、ゲーマーというキーワードだけでピクピクしちゃって居てもたっても居られなくなり観ちゃった訳なんだけど、Sunny的には十分楽しめた作品のひとつかな。

見どころはいろいろあるけれど、なかでも1980年代アメリカでのゲーセンシーンとVFXで制作されたキャラクター達は印象深かった。

ゲーセンと言えばそうそう、Sunnyが若かりし頃はね、ゲーセンといったら怖いオニーさん達がたむろしていて、見知らぬ奴がくるとすかさず寄ってきて「金ある?」って聞かれた時代(笑

でも、何回か通うとそれもなくなり、気が合う奴とは攻略法を話し合う仲になったりするんだよね。

これは「昨日の敵は今日の友」ってなことわざがあるくらい、同じ趣味をもった者、毛嫌いせずに話せば最強の友になり得る。これ本当に年食ってからの教訓だぁね。


あと、VFXに関してはまさに最先端!って感じの凄いクォリティで全く違和感なしにビックリ。
で、これって日本人が制作したらこうなるのかな?とちょっとした疑問。日本制作のVFXと金の掛け方が違うだろって怒られそうだけど(現に炎上してた...)、金の問題だけでないような気がするんだよね。

良いもの作って収益あげるってことは、言い方悪いけどその分野の究極のオタクになるということではないかと思う...なのでオタク度が低いのではないかと勝手に推測(爆

例えばこの映画に関わらず諸外国では作り手のオタク度を見てとれるシーンが各所に散らばっていて、それを見て感じとれるんだけれど、言っちゃぁ悪いけど邦画は遊び心がなくどれもシリアス路線ばかりなんだよね。

ぶっちゃけ、『ギャラガ』『アルカノイド』『ドンキーコング』『パックマン』って純国産なんだからさ、この映画は是非日本サイドで制作して欲しかったよ...



映画が大好きでたまらないSunnyは、いつしか世界のオタクが唸る邦画を見れることを楽しみにしている今日この頃でした。