About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

 今現在、最高にお気に入りな1台の Ferrari F333 SP


音良し! スタイル良し!! 走り良し!!! と「もう、何も言えねえ~」状態(^o^)




でも、メーターが動かなかったので今風なのを移植~




V12エンジンをレブの11000RPMまでブン回すと本当にシビレる~


で、Sound MODは↓




ね! 良いでしょ~ \m/( *`ω´)\m/





 以前にBody Skinのみ作成したRWBの続編ということで、今回はいろいろなタイヤに入れ替えてどんな感じになるか比較してみた。


最初はなかなかうまくいかなかったものの、プレビュー → 修正 → プレビュー → 修正と繰り返すこと○回、やっと納得できるモノができましたよん(^o^)




で、まずはやはりコレ↓ ADVANのスリックタイヤ





お次はDANLOPのスリックタイヤ





↓はRWBのidlersのスリックタイヤ







最後はPOTENZAのRE050A







Hmm...やはり車はホイールとタイヤだね! \m/( *`ω´)\m/





G27のブレーキMODを作るにあたり、いろいろ実験してみたんだけど、まず最初に試したのは消しゴムw 

海外製の有名な某ブレーキMODやG29のブレーキには最初からゴムの塊が入っているみたいなので、取り敢えずWEBを漁ってコレ! って堅さとサイズの消しゴムwをチョイス、実際に購入して試してみた。



一番左の黒いヤツが一番堅く→柔らかい順なんだけど、堅いヤツの感触はとっても良い感じ~

だけど、いくら堅いといえど、手で潰すのではなく、足で力一杯踏んづけるんだよね...Umm...潰れきった最後の感触がなんかこうイマイチなので却下。(でも単価50円位なのでコスパは最強!)




で、次にラジコンの工具箱の中から引っ張り出して試作したのがコレ。




ラジコン用バネとゴムの組み合わせなんだけど、バネの堅さ+ゴムどうしが当たって潰れきる感触とバネの長さより潰れないのが良いストッパーになり、油圧とはいかないものの実車に近いブレーキの感触が再現できて大満足~(^o^)


また、ラジコン用バネの堅さをいろいろ変更すれば好みの堅さに調整できるので、某メーカーの38さ~ん、如何っすか?こんなんw




ブレーキMODを作る前にハンコン本体の冷却編からということで、取り敢えずバラしてみたところ、どうやら熱を逃がす構造ではないので早速加工っと。 まず、ルーターでガリガリグリグリと切り抜いてからペーパーで仕上げ。
 

ついでに本体カバー側に穴開け加工をして通気性を良くしてみた。
 

で、接着剤でパソコンのファン用網を貼ったら完成~
 

モーター部分も熱を持ちそうなので、ラジコン工具箱にあった540モーター用冷却ファンを装着。
 

元に戻して、念のため強制冷却w
 

モノはTシャツの内側に取り付ける扇風機です。
 

久しぶりに加工作業したら、め、目がショボショボで参った...(^^; 





次回はペダル編!







 A long time ago...長らく続いたレースゲームのゲーセン通いを卒業後、初代PSのグランツーリスモが発売されたと同時にネジコンを購入、それ以来というものは特有な操作感の虜になり、PCのレース&ラリーSIMに移行してもネジコンを使い続けることになる訳なんだけど、ふとしたことから程度極上のDFGTをゲットすることに。


まぁ、最下位機種とはいえ、とても良くできた価格に見合う商品で、またダイレクトにガツガツwくるFFBはベルト駆動とはまた違った感触で楽しませてくれました。(^^)


このDFGT、最終的には禁断の電源の喝入れにより、大幅なFFBの向上(3割増位かな)とそれに伴いデフォ設定でセンター付近のデッドゾーンがほぼゼロ! といった上位機種に負けない性能にまで漕ぎ着け、またSIM毎のFFB設定やコンフィグを詰めに詰めていたので、各レース&ラリーSIMがより楽しくて楽しくて、一人ニヤニヤしてましたね。(よい子は真似しないように!)


しか~し、その過酷な使用環境からかガタ(元からw)が酷くなってきたので次機種を夜な夜な物色していたところ「G27だけど未開封新品があるよ~」とのありがたい情報を頂きました。


何をこのいまさら感バリバリなG27(2010年11月25日発売)を? だけど、3ペダルだし、シフターも付属、なにより安価で新品ということなので早速ゲット~、そして到着後、はは...開封の議(古いといえど、微かに新品の臭いがw)



で、早速PCにセットしてお気に入りな rFactor2 と Assetto Corsa をプレイしてみたんだけど、な、な、なんじゃ~コレは~!? このセンター付近の巨大なデッドゾーンは..これはヒドス...(-_-凸)


その後、いろいろ設定してもあまり変化がないので、↑で使っていた禁断の電源の喝入れを投入したところ、DFGTの時と同じくセンター付近のデッドゾーン減少&FFBの向上がみられたので一安心したんだけど耐久性はいかに...まぁ、バラしてメンテは欠かさずやっているくちなので、このままちょっと様子見かなっと。


そうそう、肝心な使用感はというと2モーターからかDFGTをより上品(爆)にしたような感じで、やはりギア駆動からくるガツガツしたFFBがやる気にさせてくれます。


ちなみにT300RSを借りていた時があったので比べてみると、さすがベルト駆動のT300RSは全てが滑らかな動作は間違いないんだけど、なんか、こうシックリこないというか...


Umm...例えるならラジコンのベルトドライブとシャフトドライブの違いと言ったら分かり易いかな~、Sunnyは断然シャフトドライブ派だったので間髪入れずにガツガツきてくれた方が好みかと。なので、もし仮に次機種を狙うとするならばDD一択かな~


と、ステアリングもさることながら、ペダル類も「こんなにも違うのか~!」ってくらいハーフ時の操作がし易く、軒並み各サーキットのラップタイムが上がり大満足。


特にブレーキペダルに関してはブレーキを掛けてからリリースのタイミングの取り易さは秀逸で、徐々にリリースしながら更にステアリングを切り込んでいくといった動作がDFGTのペダルのような曖昧かつある程度感に頼るのではなくではなく、実感しながら確実にキマるのでこれはラップタイムが上がる訳だよね。


まぁ、これを実車で例えるならば、ブレーキラインをアールズ等に換えた時位の感動があり泣けましたw ペダルは重要です...マジで


でも、良いところばかりではなく、各ペダルのストロークや踏み心地は改善の余地があるので、次回は久しぶりにMODでも作ってみよっかな。