Audi R8の乗り味があまりにも良いのでTime Attack仕様に変更、久しぶりにあのニュル北を全開で攻めてみたよ。






メニューは現在日本で活躍中のGT500車両を意識しながらEgチューニング、ダウンフォース、足回り等を見直し実走行で煮詰めること○○時間、R8のピクピクさをスポイルせずにお手々でマッタリとまとめるにはちと難しかったけどなんとかまとまった~(^o^)






ま、目...目がショボショボでなんだか焦点が合わないけどやっぱりニュル北は楽しいな!



ランチアつながりで、こちらはGr.Aのランチア・デルタ HF インテグラーレ・エヴォルツィオーネ!



これまた当時憧れだったブリスターフェンダーをまといWRCを暴れまわった由緒ある車。









肝心な走りはというと、なんかフワフワした感じ...なので、今風に車高を落とすため足回りの見直しとAWDの設定を弄ってみたところナイスな乗り味になりましたよん(^o^)




プジョーのお次はランチア・デルタS4!















これまた凄んごいモンスターっぷりで、ラリーステージの刻々と変わる路面状況の中、この車をブンブンとブン回して走るとはネジが外れてるとしか思えない...マジで(゚Д゚)




 いきなり世界ラリーの話だけど、かつてグループBで活躍した「アウディ・クワトロ」に「ランチア・デルタS4」そして「プジョー205ターボ16」といったモンスターマシンがあったのね。


ミッドシップ+過給エンジン+四輪駆動に約1トンで500馬力な車でダートを駆け抜けるさまは当時ヤングボーイながらマジ衝撃的だった...もちのろんで影響され富士の演習場wに走りに行ったり、丸和オートランドでオールスターダートトライアル観戦など、しばらくは凸凹道ばかり走ってたのが懐かしい...


で、Assetto CorsaのMODでも何種類かグループB仕様があるんだけど、今回はあえてノーマルっぽいのを選んで弄ってみた。






これがまた最初から完成度が高くAWDが程好い感じで凄く良い! でも、大馬力を受け止めるにはノーマルなブリスターフェンダー?ということで少し広げてみたところ、走行していても違和感なく仕上がったかなっと...









肝心な乗り味はR32ミニw、いやマジメにこの車は狭い日本の峠に持っていったら最強ではないかと思うくらい最高に楽しい車に仕上がりました~(^o^)




普段はACでの場合、特にGT系はパスしてるんで興味が無かったんだけど、2022年スーパーGT第1戦岡山の#23 MOTUL AUTECH Zのなんと!車載フル動画がYouTubeにあがっていたので晩酌しながら観てみた。






なんだかんだ、結局、2時間もの間最後まで観てしまったんだけど、次生さんとロニーのコンビネーションは唸るものがあり、2人体制で戦うにはまさに見本のような良い走りを観させてもらいましたよ(^o^)

感想はロニーは後ろに張り付かれたらもっとも嫌なタイプwで情報を分析しながら相手のウィークポイントを探しチームに的確に報告、また抜けなくても決して離されない終始冷静なドライビングで次生さんにタッチ。

次生さんはリズム感が独特で自分のリズムを崩そうとする相手が現れたら、いとも簡単に抜きさり、淡々と最後まで自分のリズムを刻み続けるメトロノームみたいな方ですな。

↑のサスペンションセッティングにも興味があって、Sunnyの場合は一発のタイムアタックのみでレースは一切やらないんで、いつも行っているセッティングも決まれば速いが持続性は皆無、またこのセットは必然と当りに弱いのでAIと模擬レースとかやってもコツンとやられれば吹っ飛んじゃうくらいピンポイントセッティング。






以前、ラジコンやってた時に一発タイムよりも、やはり当りの強いセッティングが重要とある方から教わったのを思い出した...とはいうもの、何人とたりとも俺の前は走らせねぇ! なポールトゥウィンが得意な宇宙人タイプの方には当てはまらんが...セッティングは奥が深い...