About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



現在、愛機Associated RC10TC3(シャフト車)で新設アスファルト路面用のケツカキセットを妄想中ですが、まずはこれまで好んで走行していたカーペット用セットのおさらいです。

やはり、いつも思っていることはTOYっぽく見えず如何に実車っぽくがコンセプトなので、ライン取りはもちろんのことコーナーのアプローチ、ステアリングの切れ角、ロール量、車の角度、カウンター量などを常に気にしながらものでした。

そんな訳から、TC3はパキパキと動く車ではなく、どちらかというとゆったりめでモッサリ感が強い車です。通常モッサリなセットだとカウンターが薄い、または戻ってしまいがちですが、リアサスをGP用の超硬いバネ+レース用の1番太いスタビに変更し強オーバーな仕様にしてバランスを取っているため内切りは一切なく、他車との絡みも全く問題なく可能です。

この大概の車が使わないであろうGP用のサスを使うには理由があって、もともともの凄く高いリアのトラクションを縦に使わずに如何に横に逃がすか、この縦と横に掛かるトラクションの割合を上手く調整できればと考えたものです。

フロントの関してはGPあがりなので本来舵が効くセットが好きですが、よりFRっぽくリアから押し出してるような感じにしたかったためにF:スキッド+キャスターを10°に変更、これによりフロントの舵をなるべく効かないようにしています。

実際に操縦してもらうと解りますがFRのような不安定さでスロットルをむやみに煽るような操作ではまともに走りません...しかし、ひとたび路面のミューを感じながら丁寧に走行することを心掛ければ、あり得ない角度からでも車が戻ってくるといった安定感が、またタメが利くので追走にも十分通用するセットでした。

(注*TC3独特のセットなので他車は参考にならないかもです...)

と、まぁカーペット用のケツカキセットのおさらいをしてみたものの、残念ながらこのセットが新設アスファルトのバリ喰い路面で通用するとは思えません...まして、喰う路面は苦手なうえにケツカキ仕様(シャフト車)の駆動系にも良くありませ~ん。

あ~、日本では流通してないギヤを加工して使ってるので多めに注文しておかないとかな...しかし、アメ車は手が掛かるな~(笑


今日は海外の自転車メーカーで有名な『Surly Bikes』のロゴをIllustratorでトレースしてペイント用のマスキングシートを作成しました。

これは幼なじみのN3からの頼まれモノで自転車のフレームにペイントでロゴを入れるためのモノです。実際にフレームを預かって現物合わせの作業でしたが既にCOOLなペイントがなされていて完成後はきっとヤバいくらい格好が良さそう! 流石です!!

さて、トレースですがいつものごとく単純な作業で問題なくサクっとできました。痛車のボディを作製してる方に比べたら簡単なものですね。次に作ったデータをステカにてカットしますが、あいにくいつものマスキングシートを切らしてしまってたのでN3がくれた代用品を使いました。このシートも柔らかく良く伸びるので問題なさそうでしたが、いざステカでカットすると細かい部分が汚い...何回か刃を調整しながらカットしてやっと納得するくらいまできたのでカス取りの作業にはいります。

このカス取りもいつもの感じとは違いやり辛く時間が掛かってしまったけど、なんとか綺麗にカスが取れました...最後に位置合わせをしてからフレームに貼って完成です。 お~、これは完成後が楽しみだな~

そうそう、つい先日、飯山製 27インチの液晶モニターに交換しIllustratorでの初作業となりましたが、1920x1080のデスクトップは広大なスペースで作業がやり易いのなんの! また、ゲームや動画も大迫力!! なんといっても実売3.2万円のお手頃価格でコスパも最高です!!! 欲を言えばデュアルディスプレイにしたいけどスペースが...あと、C言語でプログラミングしてる時、画面をスクロールするのが面倒なので今度縦置き型に挑戦してみようかな(爆

NOTE : すべて完成後、オーナーさんに了解を得たら写真をアップしようと思います。


嬉しいことにここ数ヶ月間でサーキットのオープンラッシュです! それも車で30~40分圏内、路面サーフェイスも様々で中には一般道のようなストリートコースもありといった恵まれた環境に感謝です。

路面といえばSunnyは天候に左右されないのと空調があり1年中快適といった理由から、室内カーペット路面ばかり走行してました。しかし、せっかく広大なアスファルト路面のサーキットがあるのに走らないのは勿体ないので、3号機TC3カウンターステア仕様 対アスファルト用を作製してみようと思います。

よ~し、TAコンバ-ション!とかも一応は考えたけど2台を乗り比べながらデータ取りをした結果、やはりシャフト車特有の加速とダイレクト感はベルト車にはない感覚があり、いまさらシャフト車?(笑) みたいなところもあるけれど、結局~フィ~リングで決めました(爆

セッティングのほうは過去のデータをもとに模索中。しかし、新設アスファルトで喰う路面のセットなんて久しぶりだな~。でも、ラジドリを始めた当初から帰宅したらセッティングシートに書き込みが日課だったので、なんとか迷わずにいけそうですね。最近はWEB等で動画観てもカウンタードリ+スピードのようなので、昔のセットに戻して少し速めの車を作ってみよっと。




日本国内で各社が1/10ボディを新発表をするなか、米国カリフォルニアに本拠があるPRO-LINE社から1/10のドリフトボディ『Tansou』が発売されました!

Tansou=単走なのかな? アメリカ人が好きそうなフレーズですね(笑

なお、ボディスペックは以下になります。

Length : 424mm
Width : 197mm
Height : 119mm
Wheel Base : 257mm

う~ん、なんかこのプリッと感が良い感じだな~

よ~し、久しぶりに作ってみようかな...



これは~ある意味最強のタッグが完成しましたね(笑

なんと!Sunnyの大好きなコカコーラとこれまた有名な静岡緑茶のコラボ『しずおかコーラ』です。

なにか色が「MONSTER ENERGY」してますが、お味のほどは如何なんでしょう???






パッと見て思ったのは、グリーンの配色が多く、どうしてもスライム(爆)を思い出してしまう...またお茶というよりも梅~って感じなので、いっそのことパッケージデザインを向こうっぽくもっと大胆にしたらいいのに...


先日、友人M3と横浜にある『WARU RC CIRCUIT』におじゃましてきました。ゴールデンウイークの最終日ということで1日走行料金がなんと1,000円! うお~太っ腹!!また、社長自らが夜中まで営業と凄い企業努力です!!!

さて、久しぶりのラジコンなので、2号機 TA05ケツカキ仕様のセットは前回のまま様子見でタイヤのみTNレーシング #219を使用してみます。早速コースインして数周してみたところ、あれれ、ちょっと喰いすぎかな...直ぐにピットに戻り#218に交換してみたところ、ちょうど良い流れ具合でコントロール性も格段に良くなりました。また、セットもこのままで良さそうなので弄らずにあとは走り込みです。

そして、数パック走行後に全コーナーのクリップを取れるまでになったので、今度は仮想アウトクリップを設定して走行してみます。カウンターをあて、角度を保ちながらリアバンパーが擦れるか擦れないかギリギリまでアウトにはらみ、次のコーナーに侵入するさまは実車そのものですね! そういえば、コーナー侵入時の姿勢作りという点では昔にAE86でやっていたジムカーナを思い出します。0G...分かる人~(笑

そうそう、ちなみに現在のケツカキ度は1.8位なのですがWARU社長さんのTC 2.5仕様の車を操縦させてもらったのでMy TA05との違いをちょっとだけ...

はっきりいって、最初はむり~って思ったけど数周後には慣れて、ハハ~ンと納得! このシャーシはTA05と違って車がスパスパ動くので楽ですね。ですが、スパスパ動いて欲しくないところでも動いてしまうようにも...しかしながら、ダイレクト感は素晴らしいのでかなりの戦闘力があると感じました。さすがHPIさんの力作です!

それに比べてTA05はどん臭い動きです(笑) でも、このどん臭い動きは実車のように重量感を出すうえで必要な要素ともいえるのでSunnyはプラス方向に考えてセットを出してます。また、もともと素性が良い車なのでいろいろと弄ればどん臭い+スパスパ動作も可能となり、物足りなくなればコンバ-ションしてアップグレードするなど弄りながら楽しむことができるのでお気に入りです。

さて、M3見ると気持ちよさそうに走ってます。50:50仕様ですがSunnyと同じチューニングブラシモーターを搭載してるので高回転域の音がたまりませ~ん。ブラシレスと比較してもトルク、伸び、ブレーキングタッチとも申し分ありませんね! ただ、時代には逆行してますが...(爆

そんな楽しい1日を過ごせましたが、次回からのサーキット入りはちょっと車のセッティングを変更していこうと思ってます。ちょっと思いあたったことがあったので...

Special Thanks,

WARUオーナー様
青いS15の方


今日は家族一緒に小田原城で開催された北條五代祭りに行ってきました。

事前にWEBで調べてみたところ、メインのパレードはP.M13:00過ぎのようなのでちょっと遅めに家を出発しJR小田原駅にはA.M10:40頃に到着、おお! 既に結構な人出で人気の高さが伺えます。

東口を抜け、右方向に数分歩くとそこはすでに小田原城。小学生の時にきた思い出が蘇ります。あれ~、そう言えばこの辺に飛行機が置いてあったような記憶が...と偶然、前を歩いていた老夫婦が「昔あそこに飛行機があったよね」って会話をしていたのが聞こえて、あ~やっぱりあったんだ!っと再確認。最後にきてから軽く30年以上経ってますが、忘れないものですね(笑





早速、天守閣に入るチケット売り場に行くと隣の臨時売店からなにやら良いニオイが~。
こ、これは、タッカルビじゃ~ありませんか! 城の入場口をみると大混雑してたので、その前に腹ごしらえのため缶ビールと一緒に購入。う、ウマ~! かなり良い味だしてました!!

昼近くになってきたところ、城の入場者がかなり少なくなってきた隙にサッと入場。古文書、絵図、武具、刀剣が展示されていて歴史を感じさせます。で、特に気になったのは刀ですね。怪しく光るその姿は刀職人思い入れが伝わってくるようでなにか不思議な感じがしました。

そして、天守閣の最上階にのぼり展望したのですが、お~良い景色ですね~。相模湾が一望でき爽快な気分です。残念ながら房総半島は見えませんでしたが、いやいやこれだけでも来た甲斐がありました!




P.M13:00をまわり、城の下にある広場からアナウンスが聞こえます。メインのパレードの始まりですね。着いてみると出陣式の会場である銅門広場には既にあふれんばかりの人だかりで移動するのも困難です...ちょっとタイミングが悪かったかな...




皆にまぎれてなんとか到着するもつかの間、出陣式が終了したので今度は早めに移動開始。銀座通り交差点付近に陣取ってパレードを眺めることにしました。そして、一通り見物したのですが、恥ずかしい話、結構な規模での開催なんだな~(神奈川県民でいながら初)って思ったのと、やはり衣装が本格的なので凄く格好が良く、参加している子供達の顔がとても凛々しく見えたのが印象的でしたね。

いま、全国各地のお城巡りがひそかなブームみたいなので、家族での話題にはピッタリの1日となり楽しい時間を過ごせました!

タッカルビ...また食べにこよっと(笑
PC用ゲーム『Left 4 Dead 2』のNewマップ「The Passing」をプレイしてみました。

このマップはDead Centerキャンペーンの続きからという設定でチャプターは全部で3部構成、近接武器と銃の追加、通常感染者のキャラも増えてるみたいなのですごく楽しみです。




おっと、ゲーム開始直後のっけからL4Dの人気キャラ「ゾーイ」の登場です! 綺麗なお姉さんって感じなんだけど、ちょっと冷たい感じがする子ですね。でも、エリスなんかは気になって気になってしょうがないみたいですが(笑

その後、何回かプレーして気付いたんだけど、なぜかフランシスバージョンも...(謎





さぁ、ゾンビ達をなぎ倒し中盤に差し掛かかったところ、町の中にTATTOO SHOPを発見! こういったところがこのゲームの大好きなところで開発スタッフは良い仕事しますよね~。あ、真ん中のDRAGONはお手製のスプレーです。

それとスクショで構えてる銃がなんとM60です! これは超絶最強で通常感染者などは1発で体がバラバラになり、また特殊感染者にも効果てきめんですが、弾薬の補充ができないのが玉に瑕なところです。あと、近接武器にゴルフクラブが追加されていて、殴ったときの効果音が痛快で癖になりそうです(笑




そうして、最終チャプター「ブリッジ」でL4Dのメンツと顔を合わせるのですが、各自のセリフが笑っちゃうのと、あれ!?1人足らないような...この辺は各自プレイしてみてください。ちなみにこの場面ではL4Dのころから一緒にプレイしていたうちの息子は涙ぐんでました...(泣

プレイし終わった感想は、L4Dのメンツと合流できて嬉しかったこと、そして援護射撃はしてくれるものの、かなり上から目線(爆)なのが「へ~そうなんだ~」って感じで、思っていたよりもギャップがありかなり笑えましたが、ゲーム自体は細かいところにも気を遣ってるのでかなり楽しめました!

今後も追加マップに期待したいところです。