About Me

自分の写真
Sunny
ピーターパン症候群になり
ジグザグな日々を送る...
詳細プロフィールを表示

Links

Blog Archive

Translate

Search This Site


WWW を検索
このブログ内を検索

Other Sites

Maru-Batu



久しぶりに2号機のTA05 カウンターステア仕様をおNewなボディにしようと...あれ?またハチロクだ~(笑

しか~し、いつものレビンではなく、今回は珍しくトレノでいこうと思います。が、レビンばかり作ってたせいかあんまりイメージが湧かないので、データ作る前にサクっとボディカットしてシャーシに載せてみることに。

そして、目を閉じて妄想にふけること数分...おっ?いい感じのデザインが!(爆


先日、作成したHPI AE86用ヘッドライト レンズカットのVer.2です。

HPIのAE86はライト周りが分厚いので、前後左右の枠を太くしてレンズを小さめに変更しました。

それに合わせてウインカー側も小変更し、ラインを加えてみましたが、よりそれっぽくなったと思います!

NOTE:写真差し替え


長らく修理に出していたMDプリンターが戻ってきたのでPhotoshop CS3を使い、AE86用ヘッドライト レンズカット&前期グリルをリニューアルしてみました。

データは以前に作成してあったモノを再利用して、それにフォトショを使ってホワイトの線をそれらしく書き足し、様子を見ながら試し刷りと微調整を数回繰り返して仕上げました。

やはり、通常のプリンタでは印刷できないホワイトを使用したことにより、レンズにメリハリが利いてマスクが引き締まりましたね。う~ん、フロントタイヤのツライチ感も良い感じだ~!

いやいや、もう前から気になって気になってしょうがなかったので、これでやっと気が楽になりホっとしています(笑



これは海外で放映されている『Shell Helix Ultra』のCMのメイキングですが、なんと使用されてる日産370Zがスケルトンです!

いやいや、ボディだけではなくエンジンもかなり精巧にできてるし、いったいこれだけのモノを作製する労力といったらどれくらいのものなんだろう...日本とはスケールが違うな(凄っ

あ、これならラジコンボディみたいに内塗りして仕上げれば実車と見間違えたり...しないか(笑


































ワ~オ、86も良いけど、このジオラマは凄い作り込みです!

ちなみにイタリアの方みたいですがヲタクは万国共通ですね(笑

う~ん、最近は映像ばかりだけど、写真は写真で良い味出してます。

Awsome work demi76!!!!!!!!!!



ははは、これはキテますよ~

通称『マクドナルド ドリフト』!!

ハンバーガーのスペックはダブルチーズバーガーにコカコーラゼロ...

笑い過ぎて腹筋が痛いです(爆


現在、駆動方式や乗り味が違う車を2台体制でカウンタードリをしてますが、なかなかどうして得るものは多く、お手々の練習にはもってこいとなってます。

そう、この2台を何かに例えるならば、1号機 シャフト駆動のTC3はシャーシもカキンコキン+何もかもがダイレクトに伝わってくるのでかなり乗り手を選ぶ言うなればロデオ、2号機 TA05はベルト駆動からくるスムーズさと余分な動きを吸収してくれる柔らか過ぎ(爆)なシャーシのおかげで乗り心地バツグン!とすると、こっちは乗馬かな(笑

走行音にしてみてもTC3はギュイ~ン、ブレーキ掛けるとギャッ、周りはほとんどがベルト車なのでTC3で走行してると周囲が五月蠅がってるのが分かり視線が痛いです(笑) 逆にTA05はサイレントでシュルシュルシュル~、キュッって感じがかなりお上品で直ぐ周囲に溶け込めますです、ハイ。

でも、どっちが好みかといったらシャフト車のTC3かな...う~ん、なんていうか指にくる!って感じでタイムラグが非常に少ないので伝わってくる情報量が多いことから操作してるっていう爽快感があります。また、シャフト特有の転がりが非常に優れていることが挙げられ、Sunnyは悔しくならないと使わない(爆)ハーフスロットルで転がすカウンター走法も得意中の得意です。

TA05の場合はある程度ベルトがクッション変わりとなり駆動を吸収してしまうせいか、TC3に比べほんのちょっとだけ操作にタイムラグがあるのでそれを見越して操縦しなければならず、そんな理由からアメリカ産荒くれ馬(TC3)の勝利ですね。

と、まぁ、そんな2台をいつも交互に走行させてますが、ただがむしゃらに走行するのでは時間がもったいないので、コース取り、速度、角度、カウンター量をあらかじめ目標として設定してます。こうすることで、忙しくなかなか取れない貴重な時間を使って短時間にセット出しとお手々を鍛え上げることができました。なんといっても、他の方の車を借りての操縦も難なくこなし、また瞬時に分析、自分の車と比較して次に繋げることができるようになったのはこの2台のおかげです。

また、これに加えて飽きっぽいSunnyが数年もラジドリを続けられた理由として、ボディ作製、妄想セッティング、グリップセットとのギャップで挫折(爆)、発見、驚き、爆笑!といったループが未だに繰り返され、いつも新鮮な気持ちで取り組んでいられるからだと思ってます。たかがラジコンですが、されどラジコン...キテますねラ・ジ・コ・ン!

そうそう、以前記事中に登場した有名なある方がついにTC3でカウンタードリを始めました。これはSunnyにとっては超がつくほどビッグニュースで新鮮な空気とまた新たな発見があると信じていまからワクワクしているところで~す!


さて、長かった1号機 TC3ケツカキ仕様の対アスファルト用のセットがやっと終わり、あとは試走するだけとなりました...そして今、寂しそうにしている2号機 TA05ケツカキ仕様を眺めてたところです(爆

現在、TA05の仕様はF:13-42T(3.23) R:18-32T(1.77) ケツカキ比は1.82でやってますが、良く行くサーキットでは2.0とか時には3.0といった驚愕的な方もいてなかなか過激な環境です(笑) でも、プーリー比は過激だけど車の挙動はいたって普通なカウンタードリフトなので最近はプーリー比ってなに?って考えさせられちゃってます。

確かに喰う路面では必要になってくるけど、滑る路面でのプーリー比2.0オーバーはやはりお手々がモノを言う世界で通常とは違った別世界のモノなんですきっと...で、いろいろ考えたんですが、Sunnyはマッタリと過激にカウンタードリフトできるプーリー比を求めて旅に出ようと思います。より実車っぽく!とはいっても、下げる方向でやってみようと思ってるのでセットが難しそうだけどやり甲斐はありますね!また、ドライビングも変えなくてはならないと思うのでお手々がついてくるか...これは見物です...(あはは


マッタリと作製中のAE86 N2仕様ですがオーバーフェンダーからサイドステップに掛かるラインがいまいちだったので、とうとう禁断のパテを使ってしまいました...これにより完成後のペイントが外塗りになっちゃうのはしょうがないけど、ハードな追走はできない?不思議なボディーになってしましそうな予感です(笑

しかし、これでは日数を掛けて作ってもぜんぜん楽しくないな...なので、よ~し、それなら仲間内で使い回してやる!みたいなノリで何とかこれを原型にして型を作り、バキューム整形で抜けないかと考え中です。

で、一応WEB等でいろいろと調べたところ相当な根気と労力が必要そう...これは結構ハードルが高そうです...

まぁ、ちょっと時間を掛けて作ってみます。

全米で4月から公開されているマーク・ミラー原作のアメコミ実写版、痛快バイオレントなスーパーヒーロー
Kick-Ass』ですが日本での公開が待ち遠しくてたまりません!



ニューヨークに住む主人公デイブはスーパーヒーローに憧れるヲタクな高校生。ある日、一大決心をし自らがオリジナルのスーツとマスクを身に付けヒーローとしての活動を始めます。そして、いよいよ初出動となりますが特殊能力もなにもない普通の高校生が太刀打ちできるはずがなく、犯罪者にフルボッコされて入院させられてしまいます...(笑

退院後、ヒーローの夢をどうしても諦めきれないデイブは武器のこん棒2本(爆)を持ち無謀にも活動を再開。そんなある日、町をパトロール中に起こった事の成り行きをYouTubeにアップロードされてしまうんですがこれが大ヒット!自ら『Kick-Ass』と名乗り一躍ヒーローとなります。さらにデイブはMySpace(笑)を使い助けを求める人達を探し始めますが、これが後に大問題へと発展してゆきます。

いっぽう、マフィアのボスであるフランコ・ダミーコに妻を殺されたダディ(ニコラスケイジ)は娘ミンディガ(クロエ・モレッツ)と共に「Big Daddy]&「Hit Girl」と名乗り親子で復讐を誓いあいます。そして、ある事件のさなかKick-AssがBig Daddy&Hit Girlらに助けられて運命的な出会いとなりますが、事件が次第に大きくなりビビったデイブはヒーローを辞める決心をします...が、ここで謎のヒーロー「Red Mist」が登場。一緒に組まないか?とそそのかされて、その気になってしまします。しかし、これは罠でRed Mistの本当の正体はフランコ・ダミーコの息子であり、Big Daddy&Hit Girlをおびき寄せる罠だったのです...

といった感じのあらすじですが、なんといっても超Super CoolなキッズのHit-Girlがキテますよ~!






でも、このHit Girlとマフィアとの戦闘シーンはバイオレンス過ぎて不評との噂がありますが、なになにぜんぜんノープロブレムでバッタバタとマフィアをなぎ倒していくさまは痛快そのものです。う~ん、なんだか昔懐かしい映画「マトリックス」の主人公ネオの戦闘シーンを思い出したな~。あのワンシーンは後の映画に多大な影響を及ぼすほどで、実際に数々の映画でコピーされたほど有名ですもんね。

そうそう、Hit Girlのパパ、Big Daddy(ニコラスケイジ)もかなりキテます。なんせ、防弾チョッキのテストをしてるシーンで娘ミンディガに発砲しちゃってますからね。誕生日プレゼントはバタフライナイフだし...(爆

あと、ガンマニアのSunnyには部屋中にディスプレイされている最新式の武器がたまりませ~ん。なんせ、海外の映画は全部本物のガンを使用してますからね。たとえそれが空砲であるにせよ本物とモデルガンとは迫力がぜんぜん違いますし、役者さん達も本当の意味で役に入り込めると思います。

と、まぁ魅力たっぷりな映画なので日本での公開の際は是非観に行こうと思ってま~す。

いや~、本当に楽しみな映画です!


写真はとある有名な方からレンタルしているAssociated RC10TC3用のアルミ&スチールボールデフとアクスル&ユニバーサルのセットです。今までTC3はプラ製のボールデフを使用していたのですが、どうも精度がいまいちで調整に苦労していたところ

「手持ちがあるので使ってみる?スチール&アルミデフは精度&耐久性も良いので試してみて良ければ買えば~」

との有り難いお言葉を頂き、プラ製とどのように違うのかを試す良い機会になったというわけです。

さて、ここで問題です!見たところかなり年季が入ってそうに見えますが、どれくらいの使用頻度か分かりますか?
答えは、な、なんと3年間レースで使い倒したシロモノらしいです!いやいや、これではラジコン屋は儲かりませんね~(笑) しかし恐るべし耐久性です。

まず始めにスチールデフを装着して走行してみましが、やはり精度が良いようでプラ製よりスムーズに動作し、なおかつ調整に幅があります。また、プラよりも重量があるといった理由からだと思われる回転落ちが少ない印象をうけました。コースレイアウトにも左右されると思いますが、スロットルをあまり戻さずにトルクバンドをキープしたままひたすら転がす走りに向いているかもしれませんね。しかし、逆にSTOP&GO的な乗り方でひとたび回転を落としてしまうと今度は回転が上がるまで時間が掛かってしまうのでデメリットになってしまうと思います。

アルミ製はプラ製と比べるとやはり精度が良く、こちらもスムーズな動作を体感できました。難点はというと、これは皆さんも体験してると思いますがドッグボーンのピンと一緒に削れてしまうことですね。しか~し、TC3の場合は細工がしてあるのでこの問題はちゃんとクリヤーしてます。

といった具合に、ごく短時間でしたがこれらの違う素材で作られているボールデフを比べてみたところ、プラ製は論外(爆)、アルミ製は精度良しで軽さもあり好感触、スチール製は乗り手を選び癖があるものの、かなりのメリットがあるといった結果がでました。

スチールデフか~、いいかもです!


新設アスファルトのバリ喰い路面は滑り感が足らず全てにおいて挙動がピクピク~、おまけに駆動系にも厳しく、またタイヤ代が掛かるなどでとても厄介です。でも、50:50仕様の車で走行すると逆に面白かったりするんですよね~。しか~し、今回はカウンターセッティングなので頑張らねば。

さて、進行中のAssociated RC10TC3を使った対バリ食いアスファルト用のカウンター妄想セッティング #2ですが、こんなに弄ったのは久しぶりで見直した項目は10点にも及びました。主だった変更は足回りをより動くようにして限界付近の挙動を掴みやすくといった具合です。でも、滑ってる感が好きないつものカーペット路面とはミューが全く違うので、どれ位滑らす(ドリフト)ことができるかな...この滑ってる時間が重要で実車にどれだけ近づけるかだと思ってるので...

そうそう、珍しく今回はデフの選択で迷ってます。カウンター量で勝ってるフロントワンウェイも考えたけど安定性を考慮するとボールデフも捨てがたいな~。でも、ボールデフだと閉め気味にして喰わせたカウンターステアが必要になってくるかな...まして、この調整が難しくポイントを外すとフロントが引っ張り過ぎるてFF車の様な挙動になってしまうし...う~ん、嫌いな挙動だ~(笑

肝心なボディはというとフェイバリットであるいつものHPI製のAE86 Levinでいきます。他のボディとかも考えたけど86でセットを出しておけば後が楽なので決めました。あ、もしかしたらNewボディーをデビューさせるかも...お楽しみに~!
Sunnyは昔からハンバーガーが大好きでWEBでおいしそうなところを探してはぷらりと食べに行ってます。ちなみに世間ではジャンクフードの代名詞で敬遠されがちだけど、栄養が無かろうがカロリーが高かろうが旨いものは旨い!で更にビールがあればもっと最高~!! メタボ~なんて全然気にしないyo!!!

あ、そういえば、先日のニュースでアメリカの某団体がマクドナルドのキャラクター「ドナルド」に不健康な高カロリー食品の需要をあおったと引退勧告したそうだけど、笑っちゃうし大きなお世話だよね。そんなことになってドナルドの「ランランル~」が聞けなくなったら寂しいじゃないか~~




そんな今朝、日課のWEBニュースを流し見していたらロッテリアからタワーチーズバーガーシリーズの究極メニュー、『チーズバーガー10段』が990円で発売! という記事が...な、なに~10段重ねだと~、どれどれっと写真を見たところしばし呆然...これは凄い、いや酷すぎるぞロッテリア(爆




いやいや、生まれてこの方カロリーなんて気にしたこと無いけど、これ1個でカロリーが1,823Kcalあるそうで、こ、これはさすがになんも言えね~、食べてる自分の姿を想像するだけでも怖っ...でも絶対食べてやる(笑

NOTE : なんと今日(6/1)から発売!